これは、2022.2の開発者プレビュープログラムのリリース第4弾です。 プレビューリリースは、隔週で更新される予定で、準備が整い次第、機能を追加していく予定です。  2022.2では、SQL管理、クラウド統合、KafkaおよびJMSアダプタ、SQL Loaderなどにおいて、多くのアップデート、修正、機能強化が行われています。 製品改善のため、開発者コミュニティを通じてフィードバックをお寄せください

列指向ストレージに関して、Early Access Program (EAP) を受け付けています。ご興味のある方はぜひ Early Access Program にご参加ください。

0 0
0 4

開発者の皆さん、こんにちは!

コミュニティウェビナーの再開をお知らせします!
​​​​​

今回は、@Ron Sweeneyによる「Scaling InterSystems FHIR Server on Amazon Web Services with ECP」というウェビナーに皆さんをご招待します。

このウェビナーでは、Amazon Web Services 上の InterSystems FHIR Server を Enterprise Cache Protocol (ECP) を使ってスケールアウトする技術的な詳細、デモ、ベンチマークを紹介します。

日時: 8月18日(木)午前8時(東部標準時)、午後9時(日本標準時)
👨‍🏫 スピーカー: @Ron Sweeney, Integration Required社 フルスタックアーキテクト


0 0
0 9

これは、2022.2の開発者プレビュープログラムのリリース第3弾です。 プレビューリリースは、隔週で更新される予定で、準備が整い次第、機能を追加していく予定です。  2022.2では、SQL管理、クラウド統合、KafkaおよびJMSアダプタ、SQL Loaderなどにおいて、多くのアップデート、修正、機能強化が行われています。 製品改善のため、開発者コミュニティを通じてフィードバックをお寄せください

列指向ストレージに関して、Early Access Program (EAP) を受け付けています。ご興味のある方はぜひ Early Access Program にご参加ください。

0 0
0 14

開発者の皆さん
こんにちは。

シアトルで開催されたグローバル・サミット2022は、ちょうど1週間前に終了しましたが、会場にいながら聞き逃した方や、何らかの理由でこの対面式イベントに全く参加できなかった方のために(あるいは、記憶をリフレッシュしてもう一度聞きたい方のために)、キーノートがすでに公開されています。

前置きはこれくらいにして、グローバルサミット最初はコミュニティの皆さんからのご挨拶です。

それでは、このYouTubeプレイリストでグローバルサミット2022全3日間のキーノートをお楽しみください。

1 0
0 21

開発者コミュニティの皆さん
こんにちは。

ご存知のように、今年のグローバル・サミットは対面式です。ぜひ、皆さんとお会いしたいですね!

コミュニティのメンバー全員が参加できるわけではありませんので(私もです!)、メンバーからのメッセージビデオを制作することにしました 。🎥 
この素晴らしいイベントに世界中から参加しましょう!🌏

 このチャレンジでは、コミュニティメンバーに「あなたの国からこんにちは🙌」と言う短い(2〜3秒)ビデオをアップロード⬆️してください。その動画を他の動画と組み合わせて、グローバルサミット2022で紹介します。共有ファイルのリンクをDMで送るだけでもOKです。

締切: 6月18日(金)です!

では、またお会いしましょう!

1 0
0 19

2022年2月のコミュニティリリースへようこそ!

開発者コミュニティでは、以下の点が改良されています。

  • 新たなコミュニティ検索
  • コミュニティ全般の統計
  • Facebookプロフィールとの連携 
  • 投稿ページの変更:タグ、著者ブロック、下書きの強調表示

以下、詳しく見ていきましょう。 

0 0
0 13

InterSystems Kubernetes Operation (IKO) バージョン 3.3 が WRC ダウンロードページ やInterSystems Container Registry よりダウンロード可能となりました。

IKO は、使いやすい irisClusterリソース定義を提供することにより、Kubernetesにおける InterSystems IRIS やInterSystems IRIS for Health との連携を簡素化します。 簡単なシャーディング、ミラーリング、ECP構成などの機能一覧は ドキュメント をご覧ください。

IKO 3.3の主な修正点:

  • InterSystems IRIS 、 IRIS for Healthのバージョン 2021.2 、 2022.1 のサポート
  • Kuberentes 1.21のサポート
  • irisCluster の一部として共通のSystem Alerting and Monitoring (SAM) コンフィグレーションのデプロイ
  • irisCluster の一部として InterSystems API Manager (IAM) のデプロイや管理
  • ミラーリングのアクティブ側の自動タグ付けにより、サービスは常にアクティブなミラーメンバーを指すことができます。
0 0
0 23