最近の投稿:
最近の返信:

Ohataさん
こんにちは。

頂いたエラーが出力されているTestAsou2というビジネスサービスはEnsLib.RecordMap.Service.FileServiceクラスを利用されているのではないかと思います。
であれば、アラート出力を利用する方が良いかと思います。

まず、以下のようにEns.AlertRequestメッセージを受信するビジネスオペレーションクラスを作成します。

/// アラートデータの保存
Class Util.Alert.StoreAlert Extends Ens.BusinessOperation [ Language = objectscript ]
{
 Parameter INVOCATION = "Queue";
 Parameter SETTINGS = "-AlertOnError";
 Method StoreError(pRequest As Ens.AlertRequest, Output pResponse As Ens.Response) As %Status
 { 
    set ^Log($I(^Log))=$lb(pRequest.AlertText,pRequest.AlertTime
                            ,pRequest.SourceConfigName,pRequest.SessionId)
    return $$$OK
 } 
 XData MessageMap
 {
 <MapItems>
    <MapItem MessageType="Ens.AlertRequest"> 
        <Method>StoreError</Method>
    </MapItem>
 </MapItems>
 } 
}

作成したビジネスオペレーションを追加します。この時、オペレーションクラスには先ほど作成したクラス名、
オペレーション名には「Ens.Alert」を指定します。

最後にエラーを受信したいビジネスホストの設定タブにある「エラー時に警告」にチェックを入れます。
こうすると、各ビジネスホストでエラーが発生すると、Ens.AlertにEns.AlertRequestメッセージが流れ、
^Logグローバルにエラーメッセージ(AlertTextプロパティ)や発生元のビジネスホスト(SourceConfigNameプロパティ)が格納されます。

ラフな説明ですみません。
ご不明な点等ありましたら、ご連絡ください。
 

Ohataさん

すみません、instanceof と同等のメソッドとして、%IsA()メソッドがあります。これは、インスタンスがパラメータに指定されたクラスまたはそのサブクラスかどうかをチェックするものです。

USER>write a.%IsA("Sample.Person")
1

よろしくお願いします。

Ohataさん
こんにちは。

型(クラス名)を取得するには$classname()関数を使用したり、%ClassName()メソッドを使用します。
例えば、

USER> set a=##class(Sample.Person).%OpenId(1)
でaというインスタンスを作成した場合、

USER>write $classname(a)
Sample.Person

USER>write a.%ClassName(1)
Sample.Person

とクラス名が文字列で返ります。

 

フォロワー:
フォロー中:
Toshihikoさんはまだ誰もフォローしていません。
Global Mastersバッジ: