12/16現在、各製品の調査状況は以下の通りです。詳細はこちらをご確認ください。

以下の製品につきましては、Log4j2による脆弱性があることが確認されました。

Data Platforms Add-ons 
 • InterSystems Reports Server
 • InterSystems Reports Designer 

TrakCare
 • TrakCare Core 

以下の製品はLog4j2を使用していますが、信頼できないソースからのデータ処理には使用されていません。

Data Platforms Add-ons
 • InterSystems Cloud Manager

HealthShare 
 • HealthShare Clinical Viewer (2019.2 ~ 2021.2) 

以下の製品につきましてはLog4j2による脆弱性が無いことが確認されています。

Data Platforms
• InterSystems IRIS
• Caché
• InterSystems IRIS for Health
• Ensemble

Data Platforms Add-ons
• Atelier Integration
• CSP Gateway for CE
• IRIS Studio
• InterSystems API Manager
• InterSystems Kubernetes Operator (IKO)
• ISC Agent
• Legacy .Net bindings
• Legacy node JS binding
• ODBC Driver
• System Alerting and Monitoring (SAM)
• VS Code Integration
• Web Gateway for IRIS
• Zen Mojo

HealthShare
• HealthShare Clinical Viewer (2019.1以前 )
• Unified Care Record
• Care Community
• Personal Community
• Provider Directoryi
• Health Insight
• Patient Index
• Health Connect

Ohataさん
こんにちは。

例えば、$listを使用して、10パラメータずつまとめてExecuteメソッドのパラメータに渡すというのはいかがでしょうか。プログラム例は以下のとおりです。(長くなりますので、途中「...」で省略しています)

    set rs=##class(%ScrollableResultSet).%New()
    
    // Prepare で 60個のパラメータから$listget関数を使って各カラムに分けたものをINSERTします。
    set ret=rs.Prepare("INSERT coltest.test (P0000, ... ,P0599) "
        _" SELECT $listget(  P0,1), ... ,$listget( P0,10) "
            _",$listget( P1,1), ... ,$listget( P1,10)"
                :
            _",$listget(P59,1), ... ,$listget(P59,10) "
            _" FROM (SELECT ? as P0,? as P1,? as P2, ... ,? as P58,? as P59)")
    quit:$$$ISERR(ret) ret

    set ret=rs.Execute($lb("PPP0", ... ,"PPP9")
        ,$lb("PPP10", ... ,"PPP19"), ... 
        ,$lb("PPP590",...,"PPP599"))
    quit ret

Prepare()メソッドでは、60個のパラメータにP0~P59の名前を付けるサブクエリを作り、それをFROM句に指定して$listget関数で分解したデータをcoltest.testテーブルのP0001~P599のカラムにINSERTするSQL文を指定しています。

Execute()メソッドではデータ10個を$listbuild()関数で$list形式に変換し、パラメータとして指定しています。

Ohataさん
こんにちは。

実際にSourceControlを使っているわけではないのでよくわかっていない部分はありますが、
スタジオやVSCodeで保存した際には、スタジオやVSCodeのフック処理にてSourceControlの処理が実行されるかと思います。しかしImportDirなどObjectScriptのメソッドにはこのような機能がないため、SourceControlの処理は実行されません。

ImportDirメソッドを実行されるということは、その前に特定のディレクトリに.CLSなどのファイルを保存されるかと思います。
その際にSourceControlで使用する作業ディレクトリに保存すれば、SourceControlの処理が実行されるかと思うのですが、いかがでしょうか?

抽象的な内容ですみません。
何らかのヒントになれば幸いです。

フォロワー:
フォロー中:
Toshihikoさんはまだ誰もフォローしていません。
Global Mastersバッジ: