開発者の皆さん、こんにちは!

次のコンテストの詳細が決定しましたのでお知らせします📣

今回は、FHIRの知識を共有するためのコンテストを企画しています。

🏆 InterSystems IRIS for Health コンテスト: FHIR for Women's Health 🏆

InterSystems FHIR または、InterSystems Healthcare Interoperability を使用したアプリケーションを作成してご応募ください。

    期間: 2022年11月14日~12月4日

    賞金: $13,500!

    >> 応募はこちらから! <<

    1 0
    0 37

    これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

    ObjectScript言語は、Java言語等がサポートしている型キャストをサポートしていません。

    ただし、メソッドのキャストはサポートしています。

    詳細は以下ドキュメントページをご参照ください。


    メソッドのキャスト【IRIS】
    メソッドのキャスト

    0 0
    0 37

    これは、2022.2の開発者プレビュープログラムのリリース第6弾です。 プレビューリリースは、隔週で更新される予定で、準備が整い次第、機能を追加していく予定です。 2022.2では、SQL管理、クラウド統合、KafkaおよびJMSアダプタ、SQL Loaderなどにおいて、多くのアップデート、修正、機能強化が行われています。 製品改善のため、開発者コミュニティを通じてフィードバックをお寄せください。

    列指向ストレージに関して、Early Access Program (EAP) を受け付けています。ご興味のある方はぜひ Early Access Program にご参加ください。

    開発者向けプレビューでは、Ubuntu 22.04 LTSやLinux FHEL 9に対応しています。

    0 0
    0 37

    これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

    接続先クライアントのIPアドレス取得するには、以下の方法で %SYS.ProcessQuery クラスを使用します。

    (a) 対象プロセス ID を指定して、ClientIPAddress プロパティ を参照します。

    0 0
    0 36

    これは、InterSystems FAQサイトの記事です。

    マップされたクラス・ルーチンも含めてコンパイルする場合は、コンパイラ修飾子に "/mapped=1" もしくは "/mapped" を指定します。 例えば、以下のように行います。

    【例1】クラスリストを取得してコンパイル

    do $System.OBJ.GetClassList(.list,"/mapped")
    // build your list starting from .list
    do $System.OBJ.Compile(.list)

    【例2】全てのクラスをコンパイル

    0 0
    0 36

    InterSystems Kubernetes Operation (IKO) バージョン 3.3 が WRC ダウンロードページ やInterSystems Container Registry よりダウンロード可能となりました。

    IKO は、使いやすい irisClusterリソース定義を提供することにより、Kubernetesにおける InterSystems IRIS やInterSystems IRIS for Health との連携を簡素化します。 簡単なシャーディング、ミラーリング、ECP構成などの機能一覧は ドキュメント をご覧ください。

    IKO 3.3の主な修正点:

    • InterSystems IRIS 、 IRIS for Healthのバージョン 2021.2 、 2022.1 のサポート
    • Kuberentes 1.21のサポート
    • irisCluster の一部として共通のSystem Alerting and Monitoring (SAM) コンフィグレーションのデプロイ
    • irisCluster の一部として InterSystems API Manager (IAM) のデプロイや管理
    • ミラーリングのアクティブ側の自動タグ付けにより、サービスは常にアクティブなミラーメンバーを指すことができます。
    0 0
    0 35

    これは、InterSystems FAQサイトの記事です。

    このメッセージが出力される要因は以下の2つになります。

    1. 同じデータに対して適切に排他を行わずに、別々のプロセスから更新が行われている
    2. ロールバックが発生している

    詳細は以下の通りです。 メッセージログ/コンソールログに、以下のようなメッセージがある場合、これはロールバック処理にて出力されています。
    ※バージョンによってメッセージは多少異なります。

    1 0
    0 34

    これは、2022.3の開発者プレビュープログラムのリリース第2弾です。 2022.3では、新たな FHIR SQL Builder や、改良された Columnar Storage Oracle Linux 9
    のサポート(このプレビューには入っていません)など新機能や、多くのアップデート、機能強化が行われています。

    プレビューリリースは、隔週で更新される予定で、準備が整い次第、機能を追加していく予定です。 製品改善のため、開発者コミュニティを通じてフィードバックをお寄せください

    この開発者プレビューリリースのビルド番号は 2022.3.0.545.0 です。

    0 0
    0 34

    開発者のみなさん、こんにちは!

    2021年10月に4回シリーズで開催した「InterSystems IRIS 開発者向けウェビナー」第4回目の「FHIR新機能」のアーカイブをYouTubeに公開いたしました。

    FHIRに関する開発を行う際、FHIRの規格がどのような内容を決めてくれているのかについて、開発者の視点でご説明します。
    また、InterSystems IRIS for Health のバージョン2020.1から2021.1の間で追加されたFHIR新機能についてご紹介します。

    ぜひご覧ください!

    (IRIS 2021.1新機能全体のご紹介については、こちらのYouTubeをご参照ください。)

    0 0
    0 33

    これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

    コンソールログに任意のメッセージを書き込む方法として%SYS.System クラスの WriteToConsoleLog メソッドを使用することができます。

    以下に例を示します。

    %SYS>write ##class(%SYS.System).WriteToConsoleLog("xxxxx log message",0,0)
    1


    WriteToConsoleLogメソッドに指定できるパラメータの詳細は、以下のドキュメントをご参照下さい。

    0 0
    0 33

    これは、2022.2の開発者プレビュープログラムのリリース第5弾です。 プレビューリリースは、隔週で更新される予定で、準備が整い次第、機能を追加していく予定です。 2022.2では、SQL管理、クラウド統合、KafkaおよびJMSアダプタ、SQL Loaderなどにおいて、多くのアップデート、修正、機能強化が行われています。 製品改善のため、開発者コミュニティを通じてフィードバックをお寄せください

    列指向ストレージに関して、Early Access Program (EAP) を受け付けています。ご興味のある方はぜひ Early Access Program にご参加ください。

    0 0
    0 32

    これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

    正規表現を使用する$Locate()関数がご使用いただけます。

    正規表現の使用方法

    使用方法の例は以下の様になります。

    USER>write str
    あいうえおかきくけこABC123456さしすせそ USER>write $locate(str,"[A-Za-z]{3}[0-9]{6}",,,val)
    11 USER>write val
    ABC123456 USER>
    0 0
    0 30

    これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

    システムモニタの中の「アプリケーションモニタ」を利用することで、ユーザが定義した特定の監視対象に対してチェックを行い特定の条件に合致した場合に通知を行ったり、メッセージログ(コンソールログ)に情報を出力したり、ユーザが定義するアクションを指定できます。

    <メモ>
    アプリケーションモニタはインストールにより準備されますが、ユーザが付属のアプリケーション・モニタ・クラスを有効化するまで動作しないモニタです。
    付属のアプリケーションモニタには、監査のカウントやイベント詳細を収集するもの、ディスクの容量を監視するものなどが含まれます。

    0 0
    0 29

    開発者の皆様、こんにちは。

    2022年7月に開催された国際モダンホスピタルショウ、インタ―システムズブースに設けたミニシアターで行ったインタ―システムズFHIRサポートの新しい機能を紹介したプレゼンテーション動画ごご紹介致します。

    よろしければ、ご覧ください。

    「FHIRリソースデータを分析に。~FHIR SQL Builderのご紹介~

    0 0
    0 27

    開発者の皆さん、こんにちは!

    InterSystems IRIS for Health コンテスト: FHIR for Women's Health 2022 のテクノロジーボーナスが発表されました!

    • Women’s Health に関するトピック
    • Women’s Health データセット
    • IRIS For Health FHIR または FHIR Cloud Server の利用
    • Healthcare Interoperability
    • Embedded Python の利用
    • Docker コンテナの利用
    • ZPM パッケージを使ったデプロイ
    • オンラインデモの公開
    • Code Quality をパスする
    • コミュニティの記事を書く
    • コミュニティに2つ目の記事を書く
    • YouTubeにビデオを公開する
    • はじめてチャレンジされた方

    獲得ポイントについて詳細は、以下ご参照ください。

    0 0
    0 26

    以下、デプロイモード(配置モード)でプログラムを配布する方法を2つご紹介します。


    ① DB内のソースコードをデプロイモードでエクスポートする方法

    ② ソースコード用DBを用意してIRIS.datごとデプロイモードにする方法


    ①は、プログラムのみデプロイモードでエクスポート/インポートできるので、初回システム構築時はもちろん、プログラムの修正が発生した時などソースの一部のみエクスポートすることも可能となります。

    ②は、IRIS.dat ごとデプロイするので初回システム構築時に IRIS.dat のみ配置すればよく手順が単純です。

    クラスがデプロイモードになると、そのクラスのメソッドとトリガのソースコードは削除されます。
    クラスがデータ型クラスである場合、クエリキャッシュによって実行時にメソッド定義が必要になる可能性があるために、メソッド定義が保持されるのでご注意ください。

    0 0
    0 25

    開発者の皆様、こんにちは。

    インタ―システムズでは、本年7月に、「国際モダンホスピタルショウ 2022」に、3年ぶりに出展致しました。

    ブースには、ミニシアターを設け、業界をリードする多くの方やパートナー企業様にプレゼンテーションをいただき、その動画を公開しています。

    本日は、その中で、アプリケーション開発者の皆様に参考となる IRISを解説いただいたプレゼンテーション動画をご紹介させていただきます。

    「Python + iknowpy... + IRISが変えるデータ分析  アプリケーション編」

    0 0
    0 25

    開発者の皆さん、こんにちは!

    開発者コミュニティのYouTubeプレイリストにEmbedded Pythonの新しいセルフラーニングビデオを公開しましたのでお知らせします📣!

    ◆ Embedded Pythonでデータベースプログラミング:オブジェクトアクセス編

    ※YouTubeに移動していただくとプレイリストの中から好きなビデオを選択してご覧いただけます。

    0 0
    0 24

    この度、InterSystems IRIS Data PlatformInterSystems IRIS for HealthHealthShare Health Connect、および InterSystems IRIS Studio の 2022.3 をリリースしました。

    2022.3 は、継続的デリバリー(CD)リリースです。2022.3では、SQL管理、クラウド統合、KafkaおよびJMSアダプタ、SQL Loaderなどの分野にて、多くのアップデートや機能強化が実施されました。 新たにFHIR SQL BuilderとColumnar Storageの機能が含まれていますが、いずれもまだ実験的な機能です(本番用ではなく、アクティブなEarly Access Programが実施されています)。

    1 0
    0 23

    これは、2022.3の開発者プレビュープログラムのさらなるプレビューリリースです。 2022.3では、多くのアップデートや機能強化が追加されており、新たな FHIR SQL Builder や、改良された Columnar Storage Oracle Linux 9 のサポートなど新機能があります。これらの機能や改良は現在の開発者プレビューで実現できていない場合があります。

    今後のプレビューリリースは、隔週で更新される予定で、準備が整い次第、機能を追加していく予定です。 製品改善のため、開発者コミュニティを通じてフィードバックをお寄せください。

    この開発者プレビューリリースのビルド番号は 2022.3.0.570.0 です。

    0 0
    0 23

    開発者の皆さん、こんにちは!

    サステナブルなソリューションの構築をテーマとした Interoperability プログラミングコンテストの投票が開始されました!

    🔥 ベストアプリケーションはこれだ! 🔥 と思う作品にぜひ投票お願いします!

    投票方法は以下ご参照ください。

    0 0
    0 22

    これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

    Question:

    InterSystems IRIS は 2フェーズコミットをサポートしていますか?

    Answer:

    サポートしていません。

    2フェーズコミットはデータベースシステムがサポートしているだけでは十分ではなく、アプリケーションサーバ等の各実装が定めている2フェーズコミットのプロトコルを駆使して、アプリケーションを構築する必要があります。

    また関連するシステムの全てのコンポーネントが対応している必要がある、ロングトランザクションには向いていないなど、現実に実装する局面では様々な制約事項があります。

    2フェーズコミットは、技術面、設計および実装面、コスト面、性能面などハードルが非常に高いため、実際には限られた領域での利用に留まっています。

    0 0
    0 21

    これは、2022.3の開発者プレビュープログラムのさらなるプレビューリリースです。 2022.3では、多くのアップデートや機能強化が追加されており、新たな FHIR SQL Builder や、改良された Columnar Storage SUSE 15 SP4Oracle Linux 9 のサポートなど新機能があります。これらの機能や改良は現在の開発者プレビューで実現できていない場合があります。

    今後のプレビューリリースは、隔週で更新される予定で、準備が整い次第、機能を追加していく予定です。 製品改善のため、開発者コミュニティを通じてフィードバックをお寄せください。

    0 0
    0 20

    インタ―システムズでは、医療ITソリューション・サービスを提供される方々向けに、医療DXの推進やデータ活用を支援するシステムの要件、求められる姿について考察するオンラインセミナーをシリーズで開催しております。ソリューション開発編の第2段として、今回は「相互運用性/FHIR®の実装」をテーマに、下記の通り、開催する運びとなりました。 是非、ご参加いただきたくご案内致します。

    【開催概要】

    日時:2023年2月9日(木)13:00 - 14:30 (予定)

    参加:無料(事前登録制)

    対象:医療情報ステムベンダー、医療機器メーカー、医療向けサービスプロバイダーの事業企画・開発の皆様

    主催:インタ―システムズジャパン株式会社

    2 0
    0 20

    これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

    InterSystems IRIS では、管理ポータルの
     [システムエクスプローラ] > [SQL] : ウィザード > リンクテーブル
    で行うリンクテーブルの作成をコマンドで行うことが可能です。

    リンクテーブルの作成には、%SYSTEM.SQL.Schema クラスの CreateLinkedTable メソッドを使用します。
    詳細は、クラスリファレンスをご覧ください。

    実行は以下のように行います。

    0 0
    0 20
    記事
    Megumi Kakechi · 2023年2月6日 3m read
    ファイル操作関連のTips

    ファイルとディレクトリの操作に使用できる API 、%Library.File クラス (%File が省略形) の便利なサンプルコードをご紹介します。

    こちらのAPIを使用して、ディレクトリやファイルの中身をのぞいたり、作成・書込み・読込みを行ってみます。


    ディレクトリ内のファイル一覧をリストする

    以下のサンプルは、C:\temp フォルダ内の *.txt ファイルをリストします(ファイルパス_サイズ_作成日)。

    1 0
    0 20