2022/7/5
記事の内容を更新しました。
検証結果事例を追加しました。

@Minoru Horita さん

情報ありがとうございます!
__name__で呼べるとは、スマートでいいですね。
早速記事に反映させていただきました。

記事を更新しました。

「irisinstall setserviceusername」コマンドでサービス起動ユーザをLOCAL_SYSTEMから変える場合、ユーザ権限が不足するため、共有メモリの割り当て時にLarge Page(ラージページ)の使用ができなくなるので注意が必要です。
記事の最後に <<注意2>> で追記しておりますのでご確認ください。

フォロワー:
フォロー中:
Megumiさんはまだ誰もフォローしていません。
Global Mastersバッジ: