最近の投稿:
最近の返信:

記事を更新しました。

「irisinstall setserviceusername」コマンドでサービス起動ユーザをLOCAL_SYSTEMから変える場合、ユーザ権限が不足するため、共有メモリの割り当て時にLarge Page(ラージページ)の使用ができなくなるので注意が必要です。
記事の最後に <<注意2>> で追記しておりますのでご確認ください。

Ohata様

継承しているBOのクラスが、EnsLib.RecordMap.Operation.Batch* のクラスである場合は、 UnSwizzleRecords プロパティをオーバーライドして変更していない限り、デフォルトの True(=1) となるため、明示的に %UnSwizzleAt() する必要はありません。

「BatchクラスをObjectScript内のクラスに譲与」というのが、例えば %Persistent などのユーザ作成クラスに対してである場合は、別途 %UnSwizzleAt() していただく必要があります。

どのような構成にしているかによって変わってくるところはありますので、詳細についてのご相談があれば弊社サポートセンター(jpnsup@intersystems.com)までお気軽にお問い合わせください。

Ohata様

こんにちは、ご質問ありがとうございます。
Interoperabilityの場合、RecordMapのBatchサービスでは内部で対応しているため明示的に%UnSwizzleAt() する必要はありません。
また、オペレーションについても UnSwizzleRecordsプロパティ(デフォルトはTrue:チェックあり)により、処理後にメモリから解放されるため、こちらについても明示的に %UnSwizzleAt() する必要はありません。
UnSwizzleRecordsプロパティを 0 (False:チェックなし) に指定し大量のデータを処理する場合には、正しく開放処理を行わないと <STORE> エラーになる場合がありますのでご注意ください。

フォロワー:
フォロー中:
Megumiさんはまだ誰もフォローしていません。
Global Mastersバッジ: