記事
Seisuke Nakahashi · 2022年5月31日 6m read

OAuth 2.0 を利用して IRIS から Gmail を送信する

2022年5月30日より、外部アプリからGmailを送信するには OAuth 2.0が必須になりました (リンク) そのため、IRIS から Gmail を送信したい 場合は、今後は OAuth 2.0 を利用して Gmailアカウントに接続する 必要があります。 そこで、IRIS コード ObjectScript を使って、OAuth 2.0 でGmailアカウントに接続&メール送信するサンプルを作成しました。 ぜひご活用ください!

処理の流れ概要

  1. 【準備】Google で、OAuth 2.0 を利用するための設定をする : 手順(1)(2)(3)
  2. 【準備】IRIS で、SSLクライアントの設定をする : 手順(4)
  3. ブラウザで、指定URLを開き、Google アカウントでログインし、認可コードを取得 : 手順(5)
  4. IRIS ルーチンで、取得した認可コードをもとに、Access_Token を取得 : 手順(6)
  5. IRIS ルーチンで、取得した Access_Token を使って Gmail 送信 : 手順(6)

 

それでは、順を追って、具体的な手順をお伝えします。

以下、アカウント xxxxxx@gmail.com を利用するとします。

 

(1) Google のAPIコンソールで、プロジェクト作成し、OAuth 同意情報を登録

Google API コンソール https://console.developers.google.com/ を開きます。

OAuth 同意画面 > プロジェクトを作成 (右上) > 以下を入力し [作成] をクリック
  プロジェクト名: IRISGMAIL (任意)
  場所: 組織なし

> User Type で 外部 を選び [作成] をクリック
> 以下を入力し [保存して次へ] をクリック

    アプリ名: fromG  (任意)
    ユーザサポートメール: xxxxxx@gmail.com
    デベロッパーの連絡先情報: xxxxxx@gmail.com

> スコープ で何も入力せず [保存して次へ] をクリック
> テストユーザ で +ADD USERS から xxxxxx@gmail.com を追加して [保存して次へ] をクリック

 

(2) Google のAPIコンソールで、認証情報を追加

認証情報 > 認証情報を作成 (上) > OAuthクライアントID > 以下を入力し [作成] をクリック  
  アプリケーションの種類: ウェブアプリケーション
  名前: forIRIS (任意)
  承認済みの JavaScript 生成元: http://127.0.0.1/
  承認済みのリダイレクトURI: http://127.0.0.1/test.html  (任意、ただし存在するページにしてください)

ここで、クライアントIDと、クライアントシークレットが表示されるのでメモします (以下はあくまでサンプル)

クライアントID 123-abc.googleusercontent.com
クライアントシークレット GOCSPX-xyz999

 

(3) Google のAPIコンソールで、Gmail API を有効化

有効なAPIとサービス > APIとサービスの有効化 (上) > Gmail API 選択 > [有効にする] をクリック  

 

(4) IRIS で SSLクライアント構成

IRIS管理ポータル を実行

システム管理 > セキュリティ > SSL/TLS構成 > 新規構成の作成 > 以下を入力し [保存] をクリック 

  構成名: GMAILSSL (任意)

  ※その他はデフォルト値のままでOKです​​​

 

(5) Googleの認可コードをブラウザ経由で取得

「Gmail へのスコープとして、Google アカウントへのアクセスリクエストを許可する」URLをブラウザから実行 (以下のURLは、実際は1行)

https://accounts.google.com/o/oauth2/v2/auth?scope=https://mail.google.com/
  &access_type=offline&include_granted_scope=true&response_type=code
  &redirect_uri=http://127.0.0.1/test.html
  &client_id=123-abc.googleusercontent.com

redirect_uri と client_id は手順(2)で設定・取得したもの

実行すると、Googleアカウントを入力する画面になるので、 xxxxxx@gmail.com でログイン


警告が表示されるが  [続行] > [続行] を選択すると、指定したリダイレクト先 http://127.0.0.1/test.html に飛ぶ

するとブラウザのURLに code が含まれた以下のようになる (以下はあくまでサンプル)



http://127.0.0.1/test.html/?code=4/0ABCXYZ999&scope=https://mail.google.com/

この code が認可コードとなるので、この値 4/0ABCXYZ999 をメモしておく

 

(6) IRIS で認可コードをもとに AccessToken を取得、そのTokenを使ってメール送信

以後は IRIS ルーチンから、ObjectScript を使って、メール送信します。

    ;;--------------------------------------------------------------------------------------------
    ;; 認可コードをもとに Google から Access Token を取得
    ;;--------------------------------------------------------------------------------------------

    set req = ##class(%Net.HttpRequest).%New()
    set req.SSLConfiguration="GMAILSSL"               ; 手順(4)で設定した SSL構成名
    do req.SetParam("code","4/0ABCXYZ999")        ; 手順(5)で入手した認可コード   テストプロジェクトのため、毎回取得しなおす必要あり
    do req.SetParam("client_id","123-abc.googleusercontent.com")      ; 手順(2)で入手した クライアントID
    do req.SetParam("client_secret","GOCSPX-xyz999")               ; 手順(2)で入手した クライアントシークレット
    do req.SetParam("redirect_uri","http://127.0.0.1/test.html")     ; 手順(2)で設定した リダイレクト先
    do req.SetParam("grant_type","authorization_code")
    do req.SetParam("access_type","offline")
    do req.Post("https://accounts.google.com/o/oauth2/token")    ; Google から Access Token を取得するためのリクエスト

    set resData = req.HttpResponse.Data
    set json=resData.Read(10000)               ; Google から戻ってきたJSON
    write json,!!
    set AccessToken={}.%FromJSON(json)."access_token"      ; JSON から "access_token" の値を取得
    write AccessToken,!!

    ;;--------------------------------------------------------------------------------------------
    ;; Access Token を指定して Gmail から送信
    ;;--------------------------------------------------------------------------------------------

    set mbox= ##class(%Net.SMTP).%New()
    set mbox.smtpserver="smtp.gmail.com"
    set mbox.port="587"
    set mbox.UseSTARTTLS=1    
    set mbox.SSLConfiguration="GMAILSSL"              ; 手順(4)で設定した SSL構成名 

    set auth=##class(%Net.Authenticator).%New()
    set auth.MechanismList="XOAUTH2"
    set auth.UserName="xxxxxx@gmail.com"
    set auth.AccessToken=AccessToken            ; 上記で取得した Access Token 
    set mbox.authenticator=auth

    ; メール本文
    set message=##class(%Net.MailMessage).%New()
    do message.To.Insert("xxxxxx@abc.com")       ; TO
    set message.From="xxxxxx@gmail.com"          ; FROM
    set message.Subject="test from IRIS"                ; Subject
    set status=message.TextData.Write("Hello!")   ; message

    ; 送信
    set status=mbox.Send(message)
    write $system.OBJ.DisplayError(status),!

 

メールが送信できればテスト完了です。おつかれさまでした yes

 

上記で作成した Google Cloud プロジェクトは 「リソースの管理」から 削除できます。
https://console.developers.google.com/cloud-resource-manager

 

2
0 73
ディスカッション (0)0
続けるにはログインするか新規登録を行ってください