記事
Megumi Kakechi · 2021年12月9日 3m read

管理ポータル/スタジオ/ターミナルにパスワード認証を設定する方法

これは、InterSystems FAQサイトの記事です。
 

【 管理ポータルへのパスワード認証設定方法 】

管理ポータルの、
 [ホーム] > [システム管理] > [セキュリティ] > [アプリケーション] > [ウェブ・アプリケーション]
で /csp/sys、および、/csp/sys/ 以下の各アプリケーション(/csp/sys/expなど) の編集画面を開き、“許可された認証方法” の、“パスワード” をチェックして保存します。

 

また、これと同様のことを、ターミナルから、^SECURITYルーチンを使用して実行することも可能です。
以下は/csp/sys/アプリケーションに対する実行例です。*実行は%SYSネームスペースで行って下さい。*

※入力箇所は青字で記載
%SYS>do ^SECURITY
 
1) User setup
2) Role setup
3) Service setup
4) Resource setup
5) Application setup
6) Auditing setup
8) SSL configuration setup
9) Mobile phone service provider setup
10) OpenAM Identity Services setup
11) Encryption key setup
12) System parameter setup
13) X509 User setup
14) KMIP server setup
15) Exit
 
Option? 5
 
1) Web applications
2) Doc DB applications
3) Privileged Routine applications
4) Client applications
5) Exit
 
Option? 1
 
1) Create application
2) Edit application
3) List applications
4) Detailed list applications
5) Delete application
6) Export applications
7) Import applications
8) Exit
 
Option? 2
 
Application to edit? /csp/sys       // ? 入力でアプリケーション一覧を表示
Description? システム管理ポータル =>
Enabled? Yes => Yes                    // そのままEnter
CSP/ZEN Enabled? Yes => Yes
Business Intelligence Enabled? No => No
iKnow Enabled? No => No
Inbound Web Services Enabled? Yes => Yes
Require resource to use application? No => No
Role to always add to application?
New match role to add to application?
Do you want to go back and re-edit any match roles or target roles? No => No
Allow 認証なし access? Yes => No                      // 認証なしログインを不可設定
Allow パスワード authentication? No => Yes     // パスワードログインのみ可能
:(このあと、メニューが終わるまでデフォルトのままEnter)


※ 認証方法を変更後、アクセスに必要なユーザ名/パスワードが分からない等でターミナルやシステム管理ポータルにアクセスできなくなる危険性を回避するため、変更を元に戻すためのターミナルやシステム管理ポータルを予め開いておくことをお奨めします。
 

【スタジオ・ターミナルへのパスワード認証設定】

管理ポータルの、 
 [ホーム] > [システム管理] > [セキュリティ] > [サービス]
で、以下のサービスのリンクを押下して、定義編集画面を開き、“許可する認証の有効/無効:”の、“パスワード”をチェックします。

 スタジオ : %Service_Bindings 
 ターミナル : %Service_Console 

 

また、これと同様のことを、ターミナルから、^SECURITYルーチンを使用して実行することも可能です。
実行手順は、前述の管理ポータルの場合と同様です。
最初のオプション選択で、3) Service setup を選択し、設定して下さい。

^SECURITYルーチンについては、以下ドキュメントをご参照ください。
SECURITYルーチンについて【IRIS】
 

1
0 148
ディスカッション (0)0
続けるにはログインするか新規登録を行ってください