Open Exchange App 概要 iris-fhir-portal

Primary tabs

概要

 私たちの目標は、 IRISでFHIR機能を使用し患者のカルテをいかに容易に見せるかです。

特徴

患者のリスト

左側のパネルには患者リストがあります。パネル上部には、フィルター機能を備えています。

患者の詳細

患者の詳細画面には次の情報を見ることができます。

  • FHIR Patient ID
  • SSN (Social Security Number)
  • First Name 名
  • Last Name 姓
  • Date of Birth 生年月日
  • Gender 性別
  • Address 住所
  • City 市
  • State 県
  • Country 国

患者の詳細画面の後に、アコーディオンには4つの情報のブロックがあります。

これらの情報を提供するFHIRリソースは次の通りです。

  • AllergyIntolerance アレルギー項目
  • Observation        観察
    • Category: vital-signs    カテゴリー:バイタルサイン
    • Category: laboratory    カテゴリー:検査結果
  • Immunization        予防接種

これらの結果を右のバッジに表示します。

PS: 私は以前の記事にFHIRリソースからこれらすべての情報をどのように取得するかを記述しています。 
https://community.intersystems.com/post/my-experience-working-fhir

一例として下記に検査結果のスクリーンショットを示します。

ページの最後にFHIRリソースによってすべての情報が表示されます。

 

ここでソフトウェアを試すことができます!
http://iris-fhir-portal.eastus.cloudapp.azure.com:32783/csp/user/fhirUI/patientlist.html

 

あなたがソフトウェアを気に入って、私があなたの投票に値すると思うなら、iris-fhir-portalに投票してください!  laugh
https://openexchange.intersystems.com/contest/current

 

返信

日本語で投稿してくださってありがとうございます!

とてもシンプルにFHIRアプリケーションのイメージが理解できます。

紹介ビデオを作ってくださいましてありがとうござます。とてもわかりやすく、嬉しかったです。