記事
Megumi Kakechi · 2022年7月3日 2m read

$ZF(-100)でOSコマンド実行した際に <NOTOPEN> エラー または -1 が返る理由

これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

バージョン2015.2以降から、Windows上のインストール環境では、サービス・アカウントを
 「Windowsコントロールパネル > 管理ツール > サービス > InterSystems IRIS/Cache Controller for XX」
の「ローカル・システムアカウント」から Windows の任意の管理者アカウントに変更した場合に <NOTOPEN> エラー または -1 が返ります。

この状況を回復するためには、以下2つの設定をする必要があります。

1. 「Windowsコントロールパネル > 管理ツール > サービス > InterSystems IRIS/Cache Controller for XX」
    のログオン設定を、「ローカルシステムアカウント」に戻す
2. irisinstall/cinstall  コマンドを使用してInterSystems IRIS サービス・アカウントを変更する


2 の手順は以下になります。

Windowsコマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下コマンドを使用して変更します。
この設定を有効するためには、インスタンスの再起動が必要です。

> cd <インストールディレクトリ>\bin
> irisinstall setserviceusername IRIS abc xxx

※ インスタンス名:IRIS、Windowsの管理者ユーザ:abc、パスワード:xxx を指定する例で記載しています
※  InterSystems Caché では irisinstall コマンドではなく cinstall コマンドを使用します。

詳細については、以下ドキュメントをご参照ください。

サービスアカウントの変更について【IRIS】
サービスアカウントの変更について


以下の関連トピックもご参照ください。

$ZF(-100) で実行したコマンドの出力を取得する方法
$ZF(-100)の使用方法
ネットワーク共有フォルダ/ネットワークプリンタの参照方法【IRIS】
ネットワーク共有フォルダ/ネットワークプリンタの参照方法

0
0 25
ディスカッション (0)0
続けるにはログインするか新規登録を行ってください