記事
Megumi Kakechi · 2020年11月9日 2m read

Linuxでシステム開始/停止時に、インターシステムズ製品を自動起動/停止することはできますか?

これはInterSystems FAQ サイトの記事です。

IRISのサービスを /usr/lib/systemd/system/iris.service に作成し systemctl ユーティリティにて設定を行います。

手順は以下になります。 ※ 作業は root ユーザまたは root 権限を持つユーザで行ってください。

1. IRISの自動起動・自動停止のスクリプトファイル「irisstartstop」を作成します。

irisstartstop

[Unit]
Description=Intersystems IRIS

[Service]
Type=forking
ExecStart=/intersystems/IRIS/bin/iris start IRIS
ExecStop=/intersystems/IRIS/bin/iris stop IRIS quietly
RemainAfterExit=yes

[Install]
WantedBy=multi-user.target

※お使いの環境にあわせて編集してください。基本的に編集が必要なのは [Service] の箇所になります。
 ExecStart、ExecStop:IRIS はインスタンス名、パスは <インストールフォルダ>/bin/iris を指定します。

2. 1 のIRIS起動停止スクリプト irisstartstop を /usr/lib/systemd/system へコピーします。
(注意)WindowsマシンからFTP転送を行う場合は、Binaryモードを使用してください。

# cp irisstartstop /usr/lib/systemd/system/iris.service


3. 以下のようにファイルの属性を設定します。

# chmod 755 /usr/lib/systemd/system/iris.service
# ls -l /usr/lib/systemd/system/iris.service
-rwxr-xr-x 1 root root 326 Apr  1 01:56 /usr/lib/systemd/system/iris.service


4. IRIS の自動起動/停止をシステムに登録します
  systemctl ユーティリティにてIRISの自動起動の設定を行います。

# systemctl enable iris.service

# # iris.service が“enabled”になっていることを確認します。

# sudo systemctl list-unit-files --type=service | grep iris.service
iris.service                               enabled


以上で設定は完了です。マシンの起動/停止 もしくは systemctl [start|stop] iris.service コマンドで動作を確認してください。

 

00
0 0 0 46
Log in or sign up to continue