記事
Megumi Kakechi · 2020年12月17日 1m read

選択性の数値について

これはInterSystems FAQ サイトの記事です。

選択性(または Selectivity)の数値とは、カラムに対するユニークデータの割合を示す数値です。

例) Person テーブルの個別値である PID カラム、住所のうち都道府県名が入る Pref カラム
 Pref カラムの選択性 = 約 2%
 PID カラム(ユニーク属性のカラム)の選択性 = 1

InterSystems製品のクエリオプティマイザは、クエリ実行経路(プラン)とインデックスの選択を決定するため、エクステントサイズ(テーブル内のレコード数)と選択性の数値を使用します。

詳細は下記ドキュメントページをご参照ください。

テーブルの最適化【IRIS】

テーブルの最適化

なお、選択性の数値は、テーブル単位に計算するまで設定されていません。

計算方法については関連トピックをご参照ください。

 

【関連情報】(コミュニティ/FAQトピックをリンクしています)

00
0 0 0 27
Log in or sign up to continue