記事
Tomoko Furuzono · 2022年3月29日 1m read

プログラムでCSVファイルを1行ずつ読み込む方法

これは、InterSystems FAQサイトの記事です。
 

%SQL.Util.Proceduresクラスの CSV() プロシジャを使用することにより、実現できます。
下記が使用例のコードとなります。(test.csvというファイルが c:\temp にあるという前提)

 Set rowtype="Name VARCHAR(50),UID VARCHAR(50), PHONE VARCHAR(50)"
 Set filename="c:\temp\test.csv"
 Set result=##class(%SQL.Statement).%ExecDirect(,"call %SQL_Util.CSV(,?,?)",.rowtype,.filename)
 Set rset =result.%NextResult()
 
 // 全件表示したい場合は、do rset.%Display()
 While rset.%Next() {
     Write "Name:",rset.%GetData(1)," UID:",rset.%GetData(2)," PHONE:",rset.%GetData(3),!
     }

 Set rset="",result=""
 Quit

 

上記を実行することにより結果セットとして各行およびフィールドにアクセスできます。
実行例:

USER>do ^CSV
Name    UID     PHONE
山田,太郎 0001    080-1111-1111
bbb     0003    090-2222-2222
ccc     0009    "050-3333-3333"
ddd     0010    0120-17-1972
4 Rows(s) Affected

 

 %SQL.Util.Proceduresクラスのクラスリファレンスも併せてご確認ください。
クラスリファレンス:%SQL.Util.Procedures.CSV()

0
0 65
ディスカッション (0)1
続けるにはログインするか新規登録を行ってください