記事
Mihoko Iijima · 2021年8月11日 3m read

パフォーマンス低下時の情報収集ツールについて

これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

以下のような情報収集ツールがあります。

1) 性能評価の為のツール

GLOSTAT グローバルアクセスのカウンター情報
mgstat グローバルアクセスのカウンター情報を連続してファイルに記録する
JOBEXAM  問題のあるプロセスをモニターする
SystemCheck または Buttons

内部情報の収集

使用方法詳細は以下の記事もご参照ください。

PERFMON

グローバル、ルーチン、プロセス毎のグローバルアクセスカウンタ情報

  • 収集例は添付のPDFをご参照ください
  • PERFMON に用意された関数名を利用して、PERFMON で収集したデータをファイル出力するサンプルプログラムもご用意しています。 https://github.com/Intersystems-jp/FAQ-ZPERFMON
PROFILE   アプリケーションのルーチンおよびクラスのパフォーマンス解析(ルーチン単位に消費CPU、グローバル参照など取得可能)
%SYS.MONLBL 特定のルーチンを行単位でパフォーマンス解析(処理時間など行単位に計測)


詳細については、以下ドキュメントをご参照下さい。

^GLOSTAT を使用したグローバル動作の統計収集について【IRIS】

^GLOSTAT を使用したグローバル動作の統計収集について

^PERFMON を使用したシステム・パフォーマンスの監視について【IRIS】

^PERFMON を使用したシステム・パフォーマンスの監視について

^PROFILE を使用したルーチン・パフォーマンスの監視について【IRIS】

^PROFILE を使用したルーチン・パフォーマンスの監視について

※PROFILEは、Caché2009.1で追加されたシステムルーチンです。

^%SYS.MONLBL を使用したルーチン・パフォーマンスの検証について【IRIS】

^%SYS.MONLBL を使用したルーチン・パフォーマンスの検証について

^mgstat を使用したパフォーマンスの監視について【IRIS】

^mgstat を使用したパフォーマンスの監視について

 

2) Windowsのパフォーマンスモニター

インターシステムズのユーティリティでありませんが、CPU、メモリ、ディスクI/O のどれがパーフォマンスのボトルネックになっているのかを特定する為に使用します。

使用方法については、「パフォーマンス調査ガイド ~知っておこう システムの基準値~」の P35~38 をご参照ください。

 

3) 情報収集例

パフォーマンス低下時に、1) でご紹介した mgstat と 2) の情報収集を行います。

1) の mgstat により、データベースに対するアクセス量が取得でき、2) によりパフォーマンス低下時、コンピュータのどの資源が不足しているかの判別の材料になります。

さらに必要であれば、1) のPERFMONの情報収集を行い 、これによりアクセスの多いグローバル、ルーチンの情報が取得できます。

特定のルーチンに対するパフォーマンス解析では、以下2つのルーチンを利用します。

  • ルーチンのCPU使用率、グローバル参照数、処理時間など計測する場合は PROFILE
  • 行単位でパフォーマンス解析(処理時間の計測など)を行う場合は %SYS.MONLBL

 

ご利用状況に合わせて、ご使用ください。

1
0 35
ディスカッション (0)1
続けるにはログインするか新規登録を行ってください