InterSystems公式
Toshihiko Minamoto · 2022年11月28日

ZPM は InterSystems Package Manager (IPM) となりました

ObjectScript パッケージマネージャ ZPM のライフサイクルにおけるマイルストーンをここに発表させていただきます。このパッケージマネージャは、ObjectScript コードや 配置構成設定、バージョン情報などを便利にパッケージ化する機能を開発者に提供し てきました。 ここ数年のうちに、多くの開発ワークフローに不可欠な存在として大きく進化しました。

その結果、インターシステムズは所有するコンポーネントをパッケージ化するのに使用することとし、コミュニティのGitHubリポジトリをコーポレートリポジトリに移行、InterSystems Package Manager (IPM) に改名することとなりました。IPMはオープンソースのままです。コミュニティのメンバーは、コードをレビューし、プルリクエストを提出することができます。この変更により、従業員以外の方がコードベースに変更を加えることができないような方法で、ソフトウェアのセキュリティを確保することができるようになりました。また、データと一緒にコードをインストールできるソフトウェアでは、より高いレベルのセキュリティと信頼性が重要です。

ですから、 ZPM の存続を祝い、IPM の誕生を歓迎し、貢献いただいた皆さんに感謝したいと思います。特に、Nikolay Soloviev ならびに@Dmitry.Maslennikov には開発者ニーズを掘り起こし、スキルと融合し、素晴らしいソフトウェアの構築に貢献いただきました。

---

https://github.com/intersystems/ipm 

@Raj Singhさんが書いた元の記事へ
1
0 24
ディスカッション (0)1
続けるにはログインするか新規登録を行ってください