記事
Toshihiko Minamoto · 2022年8月11日 1m read

VSCode のヒントとコツ - 名前でクラスを開く

Studio では、クラスを直接その名前で開くことができます。何度もクリックしながら目的のクラスに到達するまでパッケージツリー内を移動する必要はありません。

Ctrl + O(またはファイル -> 開く)を押せば、以下のようにクラス名を入力するだけです。

Enter を押すと、クラスが開きます。

VSCode ではこれをどのようにして行えるでしょうか?

実のところ非常に簡単です。Ctrl + T(Windows の場合)または[移動]->[ワークスペースのシンボルに移動...]を押せば、クラス名を入力して開くことができます。

以下に、例を示します。

このソリューションは、@Dmitry MaslennikovGitHub 課題レポート(強化リクエストに指定)に提案したものです。Open Class by Name from Server(サーバーから名前でクラスを開く)」というタイトルで、この種の機能に関するレポートが提出されていました。

以下は、この機能の GIF による簡単なデモです。

 

1
0 23
ディスカッション (0)2
続けるにはログインするか新規登録を行ってください