記事
Toshihiko Minamoto · 2022年6月21日 3m read

SQLgateway を使ったデータベース移行

@Yuri Marx のお陰で、非常に優れた Postgres から IRIS へのデータベース移行の例を確認できました。
私の個人的な問題は、DBeaver を移行ツールとして使用することです。
特に、以前の IRIS(それから Caché)の強みの 1 つは、JBDC または ODBC でアクセスできる限り任意の外部 Db にアクセスできる SQLgateways を利用できることであったためです。 そこで、これを実演するために、パッケージを拡張しました。

完全な Docker を含む従来型の OEX パッケージです。
SQLgateway は Docker ビルド中にインストールされ、必要な Linux 用の jdvcdriver はこのリポジトリに含まれています。このデモを高速化するために、移行するテーブルのサイズは少しばかり縮小されています。 

テスト方法

すべての移行アクションは、SMP から直接実行可能です。

1.   
以下の場所でゲートウェイ接続を確認します。
SMP > 管理 > 構成 > 接続 > SqlGateway_Configuration

接続をテストするには[編集]をクリックします。

 

そして[接続テスト]をクリックします。

 

  • 接続成功」を確認します。
  • ここでは、しばらくお待ちください。 Postgres コンテナが応答するまでに、かなり時間がかかることがあります。    
    • しばらくしてから、ブラウザのページを再読み込みし、もう一度テストしてください。     
  1. ソーステーブルを識別します。 SMP でネームスペースを USER に変更し、
    SMP > エクスプローラー > SQL > ウィザード > データ移行 に進みます。

3.     
必要なインポートパラメーターを設定します。
 

  • 指定ネームスペース
    • Type = TABLE
    • Gateway = postgres >>> 最初の接続が確定されたら、以下のように選択します。
    • Schema = public
    • Tables to migrate = all         

4.      
ターゲットを特定しますが、スキーマが OEX 互換となるように、public から dc_public に変更します。

- すべて変更を忘れずにクリックしてください。
- 両サイドが選択されるように Definitions と Data を移行します。       

5.        
特殊設定を省略し、デフォルトを使用します。タスクをバックグラウンドで起動します。
    

6.     
結果を確認し、エラーなくすべてが機能していることを確認します。

  • テーブルが、まだ移行されていないコンテンツに依存している場合は、エラーが表示される場合があります。       
    • ステータスに完了が表示されるまで待ちます。     

7.     
移行ウィザードを終了し、**dc* **でフィルタリングした通常のテーブルビューに戻ります。

- 全 8 つのテーブルが表示され、意味のある列が表示されます。  

8.             
テーブルを選択して OpenTable をクリックすると、合理的なコンテンツが表示されます。

       

9.    
生成された関連する Class Definitions を見ると、結果と、正常に完了したことを確認できます。          

0
0 36
ディスカッション (0)2
続けるにはログインするか新規登録を行ってください