記事
Hiroshi Sato · 2022年3月27日 2m read

.Net Gateway(オブジェクトゲートウェイ)で外部DLLを使用する方法

これはInterSystems FAQ サイトの記事です。

  • まず予め Visual Studioを使用して、呼び出したい内容のクラスライブラリを作成します。
  • そのプロジェクトをコンパイルし、DLLを作成します。
  • 管理ポータルでオブジェクトゲートウェイを作成します。   システム管理 > 構成 > 接続性 > オブジェクトゲートウェイ ゲートウェイ名 : testGateway サーバ名 / IPアドレス : 127.0.0.1 ポート : 55000 (後はデフォルト)  
  • testGateway を開始します。


※管理ポータルから、もしくはコマンドから開始できます。 


do ##class(%Net.Remote.Service).StartGateway(gateway.Name)

  •  以下のいずれかの方法でDLLを呼び出すプロキシクラスを作成します。

       a. コマンドで作成する場合 

     set dllPath="C:\temp\TestDll.dll
     do ##class(%Net.Remote.Gateway).%ExpressImport(dllPath, 55000, "127.0.0.1")

       b. スタジオで作成する場合


 [ツール] - [アドイン] - [.Net ゲートウェイウィザード] ⑥ 以下のような手順でコードを実行します。

例: 

  Set gateway=##class(%Net.Remote.Gateway).%New()
   set host="localhost"
   set port=55000
   set namespace="USER"
   set timeout=2

   Set classPath=##class(%ListOfDataTypes).%New()
   Set samplePath="C:\temp\TestDll.dll"
   Do classPath.Insert(samplePath)
  Set status=gateway.%Connect(host,port,namespace,timeout,classPath)
   write !,"status: ",status
   set cl=##class(TestDll.MyDllClass).%New(gateway)
   do cl.test(gateway)

 

最後の行の do cl.test(..) は、VisualStudioで作成したクラスライブラリの関数になります。

 

呼び出し引数は、作成したプロキシクラスに従ってください。

0
0 19
ディスカッション (0)1
続けるにはログインするか新規登録を行ってください