記事
Megumi Kakechi · 2022年10月26日 2m read

IRIS が起動時に必要とするポート

これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

IRISが起動時に必要とするポートは、次のとおりです。
(ポート番号はデフォルト設定の場合です。)

1. 1972 : IRIS のスーパーサーバポート(管理ポータルで変更可能)
     IRIS 起動のために、必須のポートです。
     このポートが使用できないと IRIS は正常に起動しません。
     ※IRIS 2019.2以前のバージョンでは、スーパーサーバーポートは 51773 でした。    

2. 4001 : IRIS ライセンスサーバポート(管理ポータルで変更可能)
     IRIS がライセンスサーバになる場合、必要なポートです。
     このポートが使用できないと、正しいライセンス情報が取得できません。
     ライセンスクライアントについては、このポートは必須ではありません。
     ※リモートライセンスサーバがファイアウォールで保護されている場合、UDP トラフィックに対してライセンスサーバポートが開かれている必要があります。  
     ライセンスサーバの構成について  

3. 23 :IRIS Telnetポート(管理ポータルで変更可能)
     IRIS サーバが Windows で、かつ、クライアントから IRIS ターミナルによる操作を行う場合にのみ、必要なポートです。  

4. 52773 : 管理用Webサーバポート(管理ポータルで変更可能)
     IRIS 管理ポータル用に自動起動する、Webサーバポートです。
     ※ユーザアプリで使用する場合は、 ApacheやIISなどのウェブサーバで使用されるポート 80 (既定)となります。  

5. 2188 : ISCAgentポート(管理ポータルで変更可能)
     ミラーリングを使用するときにのみ、必要なポートです。


IRIS のスーパーサーバポートについては、IANAのPort番号一覧で明記されております(Cacheでの登録になります)。

intersys-cache 1972/tcp Cache
intersys-cache 1972/udp Cache


以下ページをご参照ください。
 iana.orgのページ
 

0
0 24
ディスカッション (0)0
続けるにはログインするか新規登録を行ってください