記事
Hiroshi Sato · 2022年7月20日 2m read

IRISの開始/停止の状態をファイルに出力する方法

irisコマンドのqlistまたはlistを使用して出力先をファイルにして出力することができます。

qlistの結果は、^を区切り文字としたテキスト形式で出力されます。

^で区切られた3番目の部分に稼働状況のデータがあります。

 

$ iris qlist IRIS > iris.log

$ cat iris.log

IRIS^/Applications/iris^2022.1.0.164.0^running, since Thu Apr  7 16:37:03 2022^iris.cpf^1972^52773^0^alert^IRIS^^^/Applications/iris

 

listの場合には、先頭にstatus:と表示された行に稼働状況のデータがあります。

 

Unix系のOSの場合

 

$ iris list IRIS > iris.log

$ cat iris.log

Configuration 'IRIS'   (default)

directory:    /Applications/iris

versionid:    2021.2.0.650.0

datadir:      /Applications/iris

conf file:    iris.cpf  (SuperServer port = 1972, WebServer = 80)

status:       running, since Thu Apr  7 16:37:03 2022

state:        alert

product:      InterSystems IRIS

 

Windowsの場合

state行が表示されません。

 

 C:\InterSystems\IRIS\bin>iris list
Instance 'IRIS' (Development installation)
  directory: 'C:\InterSystems\IRIS'
        versionid: '2021.2.0.650.0'
        conf file: 'c:\intersystems\iris\iris.cpf'  (SuperServer port = 1972, WebServer port = 80)
        status   : 'running, since Wed Jun  1 19:26:09 2022'
        Product  : InterSystems IRIS
0
0 17
ディスカッション (0)1
続けるにはログインするか新規登録を行ってください