お知らせ
Yoichi Miyashita · 2020年7月12日

InterSystems IRIS データ・プラットフォーム と InterSystems IRIS for Health バージョン 2020.2 CD のリリース

InterSystems IRIS データ・プラットフォーム および InterSystems IRIS for Health バージョン 2020.2 CD をリリースしました。
こちらはCD(continuous delivery)リリースになりますので、OCI(Open Container Initiative)と呼ばれるDockerコンテナー形式でのみ使用可能です。

リリースのビルド番号は 2020.2.0.211.0 です。

InterSystems IRIS データ・プラットフォームバージョン 2020.2 は、以下の拡張機能を備えた重要なセキュリティアップデートを提供します。

・TLS 1.3のサポート
・SHA-3のサポート

InterSystems IRIS for Health バージョン 2020.2 にはさら以下の機能が含まれます。

・FHIR R4データ変換
・FHIRサーバーの新しい構成UI
・IHE RMUプロファイルのサポート
・IHEコネクタソンの更新

これらの詳細はドキュメント(英語)でご覧いただけます。
InterSystems IRIS データ・プラットフォーム
https://docs.intersystems.com/iris20202/csp/docbook/DocBook.UI.Page.cls
InterSystems IRIS for Health
https://docs.intersystems.com/irisforhealth20202/csp/docbook/DocBook.UI....

リリースノートもご覧ください。
InterSystems IRIS データ・プラットフォーム
https://docs.intersystems.com/iris20202/csp/docbook/Doc.View.cls?KEY=GCRN
InterSystems IRIS for Health
https://docs.intersystems.com/irisforhealth20202/csp/docbook/DocBook.UI....

サポートプラットフォームは、以下のドキュメントをご覧ください。 
InterSystems IRIS データ・プラットフォーム
https://docs.intersystems.com/irislatest/csp/docbook/Doc.View.cls?KEY=ISP
InterSystems IRIS for Health
https://docs.intersystems.com/irisforhealthlatest/csp/docbook/Doc.View.c...

InterSystems IRIS Studio 2020.2 は、Microsoft Windowsでサポートされるスタンドアロンの開発イメージです。 InterSystems IRISとIRIS for Healthバージョン 2020.2 以前、およびCache と Ensemble で動作します。

キットが必要なお客様は、カスタマーサポートセンターまでご連絡いただき、必要なプラットフォームをお知らせください。
WRC Direct ユーザの方は以下のURLより入手可能です。 https://wrc.intersystems.com/wrc/coDistribution2.csp

x64 および arm64 のコミュニティエディションは、次の Docker Store から入手できます。
InterSystems IRIS データ・プラットフォーム
docker pull store/intersystems/iris-community:2020.2.0.211.0
docker pull store/intersystems/iris-community-arm64:2020.2.0.211.0
InterSystems IRIS for Health
docker pull store/intersystems/irishealth-community:2020.2.0.211.0
docker pull store/intersystems/irishealth-community-arm64:2020.2.0.211.0

10
1 1 0 73
Log in or sign up to continue