記事
Toshihiko Minamoto · 2021年5月31日 3m read

DeepSee: データベース、ネームスペース、マッピング(4/5)

以下の記事では、DeepSee のより柔軟なアーキテクチャ設計の概要を説明します。 前の例で説明したとおり、この実装には、DeepSee キャッシュや DeepSee の実装と設定、および同期グローバル用の個別のデータベースが含まれています。 この例では、DeepSee インデックスを保存するための新しいデータベースを紹介します。 DeepSee インデックスがファクトテーブルや次元テーブルとともにマッピングされないように、グローバルマッピングを再定義します。

例 3: 完全に柔軟なアーキテクチャ

データベース

APP-FACT データベースはファクトテーブルと次元テーブルしか保存しないのに対し、アナリティクスサーバーは、中間的な例で前に定義したデータベースに加え、インデックスを保存する APP-INDEX データベースを導入します。 インデックスをファクトテーブルから分離するのは、インデックスのサイズが大きくなる可能性があるため、パフォーマンスを向上させるために APP-FACT のブロックサイズを変更することができるからです。

前の例のように、ファクトテーブルとインデックスのジャーナリングはオプションで有効にできます。 詳細については、前の記事の注意事項をお読みください。

グローバルマッピング

次のスクリーンショットは、上記の実装例のマッピングを示しています。 ^DeepSee.Index グローバルのマッピングは、新たに作成された APP-INDEX データベースに保存されるように変更されています。 中間の例と同様に、^DeepSee.Fact* と ^DeepSee.Dimension* グローバルのマッピングは引き続き、ファクトテーブルと次元テーブルを APP-FACT データベースに保存するために使用されています。 クエリログと最後の MDX クエリは、オプションで DeepSee キャッシュとともに保存されます。

 

コメント

このアーキテクチャの例は最も高い柔軟性を備えていますが、ネームスペースごとに 5 つのデータベースを作成する必要があります。 2 つ目の例のように、DeepSee キャッシュはジャーナリングが無効になっている専用のデータベースにマッピングされており、同期グローバルは APP-DSTIME にマッピングされています。

ファクトテーブルとインデックスをマッピングすると、DeepSee の実装と設定をジャーナリングされる専用のデータベース( APP-DEEPSEE)に保存できるため、DeepSee 実装の復元を簡単に行えるようになります。 多くの場合、対応するグローバルをファクトテーブルと共に APP-FACT に保存するだけで充分であるため、インデックス用のデータベースを個別に作成するのはオプションです。

 

この連載の最後の記事には、3 つの例で使用したデータベースの要約とリストを記載します。

 

 

00
2 0 0 16
Log in or sign up to continue