記事
Toshihiko Minamoto · 2020年12月8日 4m read

DeepSee: データベース、ネームスペース、マッピング(1/5)

インスタンスのデータに基づくビジネスインテリジェンスを実装しようと計画中です。 DeepSee を使うには、データベースと環境をどのようにセットアップするのがベストですか?

 

このチュートリアルでは、DeepSee の 3 つのアーキテクチャ例を示しながら、上記の質問を解決します。 基本的なアーキテクチャモデルを、その制限を重点に説明するところから始めましょう。 以降のモデルは、複雑さが中程度のビジネスインテリジェンスアプリケーションに推奨されており、ほとんどのユースケースで十分なはずです。 チュートリアルの最後には、高度な実装を管理できるように、アーキテクチャの柔軟性を強化する方法を説明します。

このチュートリアルに含まれる例では、新しいデータベースとグローバルマッピングを紹介し、それらをセットアップする理由とタイミングについて説明します。 アーキテクチャを構築する際には、より柔軟な例から得られるメリットについて説明します。

始める前に

プライマリサーバーと分析サーバー

データの高可用性を実現する場合、InterSystems では一般的にミラーリングとシャドウイングを使用して、ミラー/シャドウサーバーに DeepSee を実装することをお勧めしています。 データの元のコピーをホストするマシンを「プライマリサーバー」と呼び、データとビジネスインテリジェンスアプリケーションのコピーをホストするマシンを「分析(またはレポーティング)サーバー」と呼びます。

プライマリサーバーと分析サーバーを用意しておくことは非常に重要です。これは主に、いずれのサーバーにおいてもパフォーマンスに関する問題を回避するためです。 推奨アーキテクチャに関するドキュメントをご覧ください。

データとアプリケーションコード

ソースデータとコードを同じデータベースに保存することは、通常、規模の小さなアプリケーションでのみうまく機能します。 より大規模なアプリケーションでは、ソースデータとコードをそれぞれの専用データベースに保存することが推奨されます。専用のデータベースを使用することで、データを分離しながらも、DeepSee が実行するすべてのネームスペースでコードを共有することができます。 ソースデータ用のデータベースは、本番サーバーからミラーリングできるようにしておく必要があります。 このデータベースは、読み取り専用または読み取り/書き込みのいずれかです。 このデータベースでは、ジャーナリングを有効にしておくことをお勧めします。

ソースクラスとカスタムアプリケーションは、本番サーバーと分析サーバーの両方にある専用データベースに保存します。 これら 2 つのソースコード用データベースは同期している必要がなく、同じバージョンの Caché を実行している必要もありません。 コードが別の場所で定期的にバックアップされているのであれば、ジャーナリングは通常必要ではありません。

このチュートリアルでは、次の構成を使用しています。 分析サーバーの APP ネームスペースには、デフォルトのデータベースとして APP-DATA と APP-CODE があります。 APP-DATA データベースは、プライマリサーバーにある
ソースデータ用データベースのデータ(ソーステーブルのクラスとファクト)にアクセスできます。 APP-CODE データベースは、Caché コード(.cls と .INT ファイル)とほかのカスタムコードを保存します。 このようにデータとコードを分離するのは典型的なアーキテクチャであり、ユーザーは、DeepSee コードとカスタムアプリケーションを効率的にデプロイすることができます。

 

異なるネームスペースでの DeepSee の実行

DeepSee を使用したビジネスインテリジェンス実装は、異なるネームスペースから実行されることがよくあります。 この記事では単一の APP ネームスペースのセットアップ方法を示しますが、同じ手順を使えば、ビジネスインテリジェンスアプリケーションが実行するすべてのネームスペースをセットアップすることも可能です。

ドキュメント

ドキュメントに含まれる初回セットアップの実行に関するページの内容を理解しておくことをお勧めします。 このページには、Web アプリケーションのセットアップ、DeepSee グローバルを個別のデータベースに配置する方法、および DeepSee グローバルの代替マッピングのリストが含まれています。

 


このシリーズの第 2 部では、基本的なアーキテクチャモデルの実装について説明します。

00
1 0 0 40
Log in or sign up to continue