記事
Toshihiko Minamoto · 2022年3月29日 3m read

Apache Zeppelin + IRIS のクイックスタート

Apache Zeppelin は以下を行えるようにする多目的ノートブックです。

  •     データの取り込み
  •     データ検出
  •     データ分析
  •     データの可視化とコラボレーション

Apache Zeppelin インタープリターの概念に基づき、あらゆる言語/データ処理バックエンドを Zeppelin にプラグインすることができます。 現在、Apache Zeppelin は、Apache Spark、Apache Flink、Python、R、JDBC、Markcown、およびシェルなど、多くのインタープリターに対応しています。

データの洞察を得るための安全な環境を得られます。 Zeppelin のハイライト機能は、JDBC と Spark IRIS のネイティブコネクタを使用して利用することができます。

これは、あなたを軌道に乗せるためのクイックスタートガイドです。

 

1.- 公式 Web サイト(こちら)から Zeppelin をダウンロードして保存します。

2.- ディストリビューションを任意のインストールフォルダに解凍します。

3.- JDK をインストールする必要があります(まだインストールされていない場合)。

4.- JDK のインストールが完了すると、#bash> sudo ./<zeppelin_path>/bin/zeppelin-daemon.sh start を使って Zeppelin を実行できます(これは、Linux / Unix ベースのインストールですが、Windows ベースシステム用にバッシュファイルが用意されています)。

5.- 実行し始めたら、ブラウザを使用して、http://[server_ip]:8080 からアクセスできます。

6.- すべてが順調である場合は、以下の画面が表示されます。

7.- 次に、インタープリターをセットアップする必要があります。

 

8.- Spark Connector を構成しましょう(IRIS + Zeppelin を最大限に使用するため、つまり Scala または R を使用するための構成)。

8.1 「Artifacts」セクションには、JDBC と IRIS Spark コネクタへのパスが含まれます。

9.- 次に、JDBC インタープリターを構成しましょう。defaul_url に、jdbc:IRIS://<your_iris_server>:<port>/<namespace> を設定し、デフォルトのユーザーとパスワードも設定してから、最後に default.driver を com.intersystems.jdbc.IRISDriver に設定します。

9.1 続けて、JDBC IRIS 依存関係を構成します。

10.- これで完了です! Zeppelin + IRIS を使用できるようになりました。

簡単な例として JDBC インタープリターを使用してみましょう。

1.- Zeppelin のランディングページに戻り、 新しいノートブックを作成します。

2.-  新しいノートブックで、新しい段落を作成します。JDBC インタープリターを使用する場合は、文頭を % jdbc にする必要があります。

デフォルトではデータはテーブルとして取得されますが、ビューを変更して設定するだけで、素早くグラフに切り替えることができます。

さまざまなクエリ、ビュー、およびレイアウトを組み合わせながら、非常に強力なダッシュボードを簡単に作成することができます。

 

この情報がお役に立てば幸いです。他の人と気軽に共有したり、改善したりしてください。

0
0 28
ディスカッション (0)2
続けるにはログインするか新規登録を行ってください