記事
Hiroshi Sato · 2020年9月28日 1m read

ルーチン一覧をプログラミングで取得する方法

これはInterSystems FAQ サイトの記事です。
 

%Library.Routine (以降、%Routine)クラスのRoutineListクエリを使用して、プログラムからルーチンの日付やサイズを取得できます。

RoutineListクエリには、引数があり、検索対象となるルーチン名を前方一致や中間一致で指定できます。
(ワイルドカードには、* か ? を指定します。)

以下の例では、*.MAC を引数に指定して、検索をしています。

 

 SET tStatement ##class(%SQL.Statement).%New()
 DO tStatement.%PrepareClassQuery("%Routine","RoutineList")
 SET rs tStatement.%Execute("*.MAC",,0)
 DO rs.%Display()


ルーチン一覧の他に、クラス定義一覧も取得できます。

00
1 0 0 36
Log in or sign up to continue