記事
Hiroshi Sato · 2021年3月3日 2m read

チーム開発を行う際に必要なソース管理の仕組みについて

これは InterSystems FAQ サイトの記事です。
 

InterSystems Data Platform自身には、ソース管理を行う機能はありませんが、InterSystems OpenExchangeでVS Code用のプラグインが公開されており、このIDE(統合開発環境)のソース管理機能を利用することができます。

(バージョン2016.2以降)

 

VS Codeを使用する場合、クライアントにもソースコードをファイル形式で保持するので(*.cls, *.mac, *.csp など)、ソースコントロールシステムとの連携もシームレスに行えます。


利用方法詳細については、以下のページをご参照ください。


VSCode-ObjectScript
 


2016.2より前のバージョンをご使用の方でも使用できる方法としては、InterSystems製品 のIDEであるスタジオに、外部のソース管理ツール、製品と連携するためのフック機能があります。

このフック機能は、複数のAPIで構成されており、お客様毎にご自身の環境に合わせて、作りこむことを前提に提供されております。

よく使われるマイクロソフトのVisual Source SafeとSubversion(SVN)については、テンプレートがあります。

このテンプレートを利用すると、作りこみの作業を短縮することが可能です。

テンプレートにつきましては、カスタマーサポートセンターまでお問い合わせ下さい。

10
1 0 0 19
Log in or sign up to continue