記事
Toshihiko Minamoto · 2022年7月11日 3m read

グローバルサミット 2022 レポート パートII

前編から少し間が空きましたが、シアトルで開催されたグローバルサミット2022の数日間を簡単に振り返ってみましょう。

After a short (or too long) pause from the previous part here is a short recap of the next few days of the Global Summit 2022 in Seattle!

前回同様、キーノートで始まりました(明日から視聴できますwink)。 しかし、6月21日の基調講演とは異なり、その翌日はData Platform IRISに特化した内容となっています。前回同様、トピックとプレゼンターはこちらで確認できます。注目のスピーチは、ベストセラー作家、コンサルタント、破壊的技術のスペシャリストであるGeoffrey Moore氏

 データプラットフォーム部門責任者 Scott Gnau が語るイノベーション

 そしてもちろん、最も興味深かったのは、最後の「今後のリリースに期待すること」です

私としては、列指向ストレージが最もエキサイティングな機能なので、アーリーアクセスプログラムで既に公開されているプレビュー版を使って、数日中に試してみようと思っています。

さて、基調講演の後は、昼食があり、そしてミーティングやスピーチがありました。その中で、デベロッパーコミュニティと連動したものが午後にありました。

また、モデレーターやDCの責任者(@Djeniffer Greffin@Evgeny Shvarov@Scott Roth@Dmitry Maslennikov@Dean Andrews@Muhammad Waseem@Jeffrey Drumm@Irène Mykhailova@John Murray@Jose Roberto Pereira)らが出席、DCに関する印象やエピソードを披露してくれました。

このような方々に直接お会いすることができ、本当にとても嬉しかったです! そして、その後、何人かの方とチャットをさせていただきました

同時に行われたTech Exchangeでは、技術的なディスカッションが行われていました

そして夜には同じ部屋で楽しいゲームもありました。

翌日(木曜日)は短くて、それほどアクションはありませんでした。とにかく、Developer Community、Open Exchange、Global MastersなどのDeveloper Ecosystemや、ハッカソン、スタートアップなど、さまざまなトピックが取り上げられ、非常に興味深いキーノートでした。

昼間は、「探偵アドベンチャーゲーム」の当選者たちが、私のところへ来て賞金をもらっていきました。

 

基調講演の間にいくつかのスタンドが消え始め、昼食後は多くの人が共通のプロジェクトについて議論したり、追加の会議やプレゼンテーションに参加したりしていました。

天気が良いので外に出たり、帰りの荷造りに戻ったりしていました。

基本的に、グローバルサミット2022はこれで終了です。久しぶりに直接会って(あるいは初めて会って)、とても嬉しかったです! 

GS2022の体験談をお聞かせください。最も印象に残ったことは何ですか?楽しみにしているイノベーションは何ですか?印象に残った人に会いましたか?あなたの感想をコメントで共有してください!

1
0 73
ディスカッション (0)1
続けるにはログインするか新規登録を行ってください