記事
Toshihiko Minamoto · 2022年3月24日 4m read

Web アプリケーションからのコードによる OAuth2 と基本認証、承認、および監査

この記事では、CSP Web アプリケーションを使用して、コードで認証、承認、および監査を行う方法と、Web アプリケーションを有効化/無効化および認証/認証解除する方法について説明します。

アプリケーションのレイアウト

認証から始めましょう

認証は、InterSystems IRIS® に接続しようとするユーザーや他のエンティティの ID を検証します。 よく言われるように、認証は、ユーザーがユーザーが言う通りの本人であることを証明する方法です。

ユーザーを認証する方法にはいくつかあり、それぞれが認証方法として知られています。 InterSystems IRIS では、以下のような多数の認証方法をサポートしています。

  • Kerberos — Kerberos プロトコルは、セキュリティで保護されていないネットワークを使用するサービスに安全な認証を提供するために設計されました。 Kerberos はユーザーの認証にチケットを使用し、ネットワークでのパスワードの交換を回避しています。
  • オペレーティングシステムベース — OS ベースの認証は、各ユーザーのオペレーティングシステムの ID を使用して、InterSystems IRIS に対してユーザーを識別します。
  • インスタンス認証 — インスタンス認証では、InterSystems IRIS はユーザーにパスワードを求め、提供されたパスワードのハッシュと InterSystems IRIS が保存している値を比較します。
  • LDAP(Lightweight Directory Access Protocol) — LDAP では、InterSystems IRIS は LDAP サーバーとして知られる中央レポジトリにある情報に基づいて、ユーザーを認証します。
  • 委任認証 — 委任認証は、カスタマイズされた認証方法を作成する方法を提供します。 アプリケーション開発者が、委任された認証コードの内容を完全に制御します。

私は、インスタンス認証を使用しています。ユーザー作成には、以下の ObjectScript コマンドを使用できます。

  &sql(CREATE USER TestUser IDENTIFY BY demo)

demo パスワードを使用する TestUser を作成しました。


監査

ユーザーを作成すると、そのレコードは、以下の ObjectScript コマンドを使用して監査データベースにも追加されます。

Do $SYSTEM.Security.Audit("%System","%Security","UserChange","User:TestUser | Password:demo","Audit Log inserted from Data_APP_Security")


次の関連ドキュメント(監査ガイド)をお読みください: https://docs.intersystems.com/irislatestj/csp/docbook/DocBook.UI.Page.cls?KEY=AAUDIT

承認

認証が完了したら、ロールを作成してそのロールに権限を付与し、ロールとユーザーをリンクする必要があります(承認)。 これは、3 段階で行います。

ステップ 1: 以下の ObjectScript コマンドを使用して、ロールを作成します。作成するロールは ReadWrite ロールです。

&sql(CREATE ROLE ReadWrite)

ステップ 2: テーブルに対する SELECT、UPDATE、INSERT 権限をロールに付与します。scw.Patient テーブル権限を ReadWrite ロールに割り当てます。

&sql(GRANT SELECT,UPDATE,INSERT ON scw.Patient TO ReadWrite)

ステップ 3: ロールをユーザーに付与します。ReadWrite ロールを TestUser ユーザーに割り当てます。 

&sql(GRANT ReadWrite To TestUser)

Web アプリケーションの有効化/無効化

以下の ObjectScript コードを使用して、Web アプリケーションを有効化または無効化することができます。

New $Namespace
Set $Namespace = "%SYS"
Set App = ##class(Security.Applications).%OpenId("/terminal")
Set App.Enabled=0
Do App.%Save()

ここで「/terminal」はアプリケーションの名前です。 アプリケーションは、「App.Enabled」を 0 に設定することで無効化、それを 1 に設定することで有効化することができます。


Web アプリケーションの認証/認証解除

以下の ObjectScript コードを使用して、認証を設定できます。

New $Namespace
Set $Namespace = "%SYS"
Set App = ##class(Security.Applications).%OpenId("/terminal")
Set App.AutheEnabled=0
Do App.%Save()

ここで「/terminal」はアプリケーションの名前です。 認証は、「App.AutheEnabled"」プロパティを使用して設定できます。 以下の数値を設定可能です。

property AutheEnabled as Security.Datatype.Authentication [ InitialExpression = 64 ];

Authentication and Session mechanisms enabled (CSP Only).
Bit 2 = AutheK5API
Bit 5 - AutheCache
Bit 6 = AutheUnauthenticated
Bit 11 = AutheLDAP
Bit 13 = AutheDelegated
Bit 14 = LoginToken
Bit 20 = TwoFactorSMS
Bit 21 = TwoFactorPW

以上です!

0
0 76
ディスカッション (0)2
続けるにはログインするか新規登録を行ってください