記事
Mihoko Iijima · 2020年12月7日 1m read

SELECT ... FOR UPDATE を使用できるかどうか

これは、InterSystems FAQサイトの記事です。

SELECT ... FOR UPDATE は明示的な行ロック取得の方法として多くの RDBMS で実装されているため、この機能を使われているケースも多いと思います。

このシンタックスは InterSystems 製品ではエラーにはなりませんが、期待されるような行ロックの取得は行われません。

この記事では同等の機能を実現する方法をご紹介します。

DECLARE CURSOR C1 IS
SELECT Name FROM Person WHERE Name LIKE 'A%' FOR UPDATE
OPEN C1
LOOP FETCH C1 INTO name 
... name を表示
... 終了ならLOOPをEXIT
END LOOP
CLOSE C1

 

上記のようなSQL文は、下記のSQL文で代替可能です。

 &SQL(START TRANSACTION ISOLATION LEVEL READ COMMITTED)
 &SQL(UPDATE Person SET ID=ID Where Name like 'A%')
 &SQL(DECLARE C1 CURSOR FOR SELECT ID,Name into :id,:name FROM Person Where Name like 'A%')
 &SQL(OPEN C1)
 &SQL(FETCH C1)
 While (SQLCODE = 0) {
   Write id, ":  ", name,!  &SQL(FETCH C1)
 }
 &SQL(CLOSE C1)&SQL(COMMIT) 

 

メモ:&SQL() は、埋め込み SQL と呼び、サーバ側ロジックに SQL 文を埋め込みたい場合に利用できる記述方法です。詳細はドキュメントをご参照ください。

00
1 0 0 47
Log in or sign up to continue