記事
Hiroshi Sato · 2021年10月12日 2m read

%Net.FtpSession クラスを使用してファイルサイズを取得する方法

これはInterSystems FAQ サイトの記事です。

ファイルサイズを取得する専用メソッドはありませんが、%Net.FtpSession クラスの sendCommand() メソッドを通してFTPのSIZEコマンドを呼び出し、サイズを取得できます。

簡単な利用例をご紹介します。

まず、以下の様なクラスを定義します。

 

Class MyNet.FtpSession Extends %Net.FtpSession
{ Method getSize(fname As %String, ByRef size As %Integer)
{
set type=..Type  // 現Typeを保存しておく
do ..Binary()
set st=..sendCommand("SIZE "_fname) //SIZE <file name>
set size=..ReturnMessage
if type="Ascii" {
do ..Ascii()
}
quit
} }

 

そのクラスを利用してファイルサイズを取得する例は以下のとおりです。 

 

 set ftp=##class(MyNet.FtpSession).%New()
 write ftp.Connect(ftpsrv,user,pass)  // FTPサイトへ接続ができると1が返ります。
 do ftp.getSize(fname,.fsize)         // 第2パラメータに指定したファイルのサイズが返ります
 write "ファイルサイズ : ",fsize,!
 write ftp.Logout()                   // 成功したら1が返ります
 

 

※ sendCommand() メソッドは [Internal] 属性が付与されているため将来変更される可能性があります。

00
1 0 0 5
Log in or sign up to continue