記事
Toshihiko Minamoto · 2020年7月6日 24m read

Microsoft Azure Resource Manager(ARM)向けInterSystemsサンプルリファレンスアーキテクチャ

この記事では、InterSystems Technologiesに基づく、堅牢なパフォーマンスと可用性の高いアプリケーションを提供するリファレンスアーキテクチャをサンプルとして提供します。Caché、Ensemble、HealthShare、TrakCare、およびDeepSee、iKnow、Zen、Zen Mojoといった関連する組み込みテクノロジーに適用可能です。 

Azureには、リソースを作成して操作するための、Azure ClassicとAzure Resource Managerという2つのデプロイメントモデルがあります。 この記事で説明する情報は、Azure Resource Managerモデル(ARM)に基づきます。 

要約 

Microsoft Azureクラウドプラットフォームは、InterSystems製品すべてを完全にサポートできるクラウドサービスとして、IaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)向けの機能の豊富な環境を提供しています。 あらゆるプラットフォームやデプロイメントモデルと同様に、パフォーマンス、可用性、運用、管理手順などの環境に関わるすべての側面が正しく機能するように注意を払う必要があります。 この記事では、こういった各分野の詳細について説明しています。 

パフォーマンス 

Azure ARMには、計算仮想マシン(VM)と関連するストレージオプションに使用できるさまざまなオプションがありますが、InterSystems製品に最も直接関連するのは、AzureページBLOBストレージにVHDファイルとして保管されたネットワーク接続IaaSディスクです。 ほかにも Blob(ブロック)やFileなどのオプションがいくつかありますが、それらはCachéの操作をサポートするのではなく、個別のアプリケーションの要件に特化したオプションです。 ディスクが保管されるストレージには、PremiumとStandardの2種類があります。 Premiumストレージは、確実に予測可能な低レイテンシの入出力操作毎秒(IOPS)とスループットが必要な本番ワークロードに適しています。 Standardストレージはより経済的なオプションで、本番以外またはアーカイブタイプのワークロードに適しています。 すべてのVMタイプがPremiumストレージにアクセスできるわけではないため、特定のVMタイプを選択する際には注意が必要です。 

仮想IPアドレスと自動フェイルオーバー 

ほとんどのIaaSクラウドプロバイダーには、データベースフェイルオーバー設計で一般的に使用される仮想IP(VIP)アドレスに対応できる能力が欠けていました。 これを解決するために、最も一般的に使用されるいくつかの接続方法(特にECPクライアントやCSPゲートウェイ)は、ミラー対応にするVIP機能に依存しないようにCaché 内で強化されています。  

xDBC、ダイレクトTCP/IPソケット、またはその他のダイレクトコネクトプロトコルなどの接続方法にはVIPを使用する必要があります。 これらに対処するために、InterSystemsのデータベースミラーテクノロジーは、Azure内部ロードバランサー(ILB)とやり取りしてVIPのような機能を実現するAPIを使うことで、Azure内でこれらの接続方法に対して自動フェイルオーバーを提供できるようにしており、したがって、Azure内に完全で堅牢な高可用性設計を提供しています。 これに関する詳細は、コミュニティ記事「Database Mirroring without a Virtual IP address(仮想IPアドレスを使用しないデータベースミラーリング)」で説明されています。 

バックアップ操作 

クラウド型デプロイメントでは、従来のファイルレベルのバックアップまたはスナップショットによるバックアップのいずれかによるバックアップは困難な場合があります。 これは、Azure BackupおよびAutomation Run Booksを、InterSystems External Freeze and Thaw API機能とともに使って達成できるようになりました。これにより、実質的な24時間365日の運用と、クリーンな定期バックアップの保証が実現できます。 または、市場に出回っている多くのサードパーティ製バックアップツールを使用する場合は、VMそのものにバックアップエージェントを展開し、論理ボリュームマネージャ(LVM)のスナップショットと組み合わせてファイルレベルのバックアップを活用することができます。 

サンプルアーキテクチャ 

この記事では、アプリケーション固有のデプロイメントの開始点として、サンプルのAzureアーキテクチャを提供しています。可能性のあるさまざまなデプロイメントのガイドラインとしてご利用ください。 このリファレンスアーキテクチャでは、高可用性を実現するデータベースミラーメンバー、InterSystems Enterprise Cache Protocol(ECP)を使ったアプリケーションサーバー、InterSystems CSP Gatewayを使ったWebサーバー、内部および外部のAzureロードバランサーを含んだ、非常に堅牢なCaché データベースデプロイメントを紹介しています。 

Azureアーキテクチャ 

Microsoft AzureにCachéベースのアプリケーションを展開する場合、ある分野に特有の考慮事項があります。 このセクションでは、アプリケーションに必要な通常の技術要件のほかに考慮する必要のある分野について説明します。   

この記事には、InterSystems TrakCare統合医療情報システムとInterSystems HealthShare医療情報プラットフォームのデプロイメントに基づく2つの例が提供されています。後者には、Information Exchange、Patient Index、Health Insight、Personal Community、Health Connectが含まれています。 

仮想マシン 

Azure仮想マシン(VM)には、BasicとStandardの2つのレベルがあります。 どちらのタイプでもサイズを選択できますが、 Basicレベルには、負荷分散や自動スケーリングといったStandardレベルに提供される機能がいくつか含まれていません。 このため、TrakCareのデプロイにはStandardレベルを使用しています。 

StandardレベルのVMには、シリーズごとにさまざまなサイズが用意されています。 A、D、DS、F、FS、G、GSというシリーズです。 DS、GS、および新しいFSのサイズでは、Azure Premium Storageの使用がサポートされています。 

通常、本番サーバーには、信頼性、低レイテンシ、高パフォーマンスを得られるPremium Storageを使用する必要があります。 このため、このドキュメントで説明するTrakCareとHealthShareのサンプルデプロイメントアーキテクチャでは、FS、DS、またはGSシリーズのVMを使用します。 提供される仮想マシンのサイズは、地域よって異なることにご注意ください。 

仮想マシンのサイズの詳細は、以下を参照してください。 

ストレージ 

TrakCareおよびHealthShareサーバーには、Azure Premium Storageが必要です。 Premium Storageは、データをソリッドステートドライブ(SSD)に格納して低レイテンシで高いスループットを提供しますが、Standard Storageはハードディスクドライブ(HDD)に格納するため、パフォーマンスレベルが低下します。 

Azure Storageは冗長で可用性の高いシステムですが、現在、可用性セットはストレージ障害ドメイン全体に冗長性を提供しておらず、これによってまれに問題が起こることがあることに注意しておくことが重要です。 マイクロソフトは緩和策を備えており、このプロセスを広く利用できるようにするほか、エンドユーザーが簡単に使用できるように取り組んでいます。 お近くのマイクロソフトチームと直接協力し、緩和策が必要かどうかを判断することをお勧めします。 

Premium Storageアカウントに対してディスクがプロビジョニングされる場合、IOPSとスループット(帯域幅)はディスクのサイズによって変化します。 現在、Premium Storageディスクには、P10、P20 、P30 の3タイプがあります。 各タイプのIOPSとスループットには、次の表に示すように特定の制限があります。 

Premiumディスクタイプ 

P4 

P6 

P10 

P15 

P20 

P30 

P40 

P50 

ディスクサイズ 

32 GB 

64 GB 

128 GB 

256 GB 

512 GB 

1024 GB 

2048 GB 

4096 GB 

ディスクあたりのIOPS 

120 

240 

500 

1100 

2300 

5000 

7500 

7500 

ディスクあたりのスループット 

25 MB/秒 

50 MB/秒 

100 MB/秒 

125 MB/秒 

150 MB/秒 

200 MB/秒 

250 MB/秒 

250 MB/秒 

注意: 特定のVMにディスクトラフィックを駆動するのに十分な帯域幅があることを確認してください。 
たとえば、STANDARD_DS13 VMには、すべてのPremium Storageディスクトラフィックに使用できる毎秒256 MBの専用帯域幅があります。 つまり、このVMに4つのP30 Premium Storageディスクが接続されている場合、スループットの制限は毎秒256 MBであり、4つのP30ディスクが理論的に提供される毎秒800 MBではありません。 

Premium Storageディスクの詳細と、プロビジョニング済みの容量、パフォーマンス、サイズ、IOサイズ、キャッシュヒット数、スループットターゲット、帯域幅調整などの制限については、以下を参照してください。 

高可用性 

InterSystemsは、定義された可用性セットに2台以上の仮想マシンを含めることをお勧めします。 定期または非定期のメンテナンス中に、99.95%のAzure SLAを満たすためには少なくとも1台の仮想マシンが利用可能となるため、この構成が必要となります。 データセンターが更新中である場合、VMは並行してダウン状態となり、アップグレードされた後、適当な順でオンラインとなるため、これは重要なことです。このメンテナンス期間中はアプリケーションが使用できません。 

したがって、可用性の高いアーキテクチャには、負荷分散されたWebサーバー、データベースミラー、複数のアプリケーションサーバーなど、各種サーバが2台ずつ必要となります。 

Azureの高可用性に関するベストプラクティスの詳細は、以下を参照してください。 

Webサーバーの負荷分散 

Cachéベースのアプリケーションには、外部および内部の負荷分散されたWebサーバーが必要となる場合があります。 外部のロードバランサーはインターネットまたはWAN(VPNまたはExpress Route)経由でのアクセスに使用され、内部のロードバランサーは内部トラフィックに使用される可能性があります。 Azure Load Balancerは、レイヤー4(TCP、UDP)タイプのロードバランサーで、ロードバランサー内に定義されたクラウドサービスまたは仮想マシン内の正常なサービスインスタンスに着信トラフィックを分散します。 

Webサーバーのロードバランサーは、クライアントIPアドレスセッション永続化(2タプル)と可能な限り短いプローブタイムアウト(現在は5秒)で構成されている必要があります。 TrakCareでは、ユーザーがログインしている期間、セッション永続化が必要です。   

マイクロソフトが提供している次の図は、ARMデプロイメントモデル内のAzure Load Balancerの簡単な例を示しています。 

分散アルゴリズム、ポート転送、サービス監視、送信元ネットワークアドレス変換といったAzure Load Balancerの機能や、各種ロードバランサーの詳細については、以下を参照してください。 

Azureは、外部ロードバランサーのほか、Azure Application Gatewayを提供しています。 Application Gatewayは、CookieベースのセッションアフィニティとSSL終端(SSLオフロード)をサポートするL7ロードバランサー(HTTP/HTTPS)です。 SSLオフロード機能は、SSL接続がロードバランサーで終了するため、暗号化/復号化のオーバーヘッドをWebサーバーから取り除きます。 このアプローチでは、SSL証明書がWebファーム内のすべてのノードでではなく、ゲートウェイで展開および管理されるため、管理が簡素化されます。 

詳細については、以下を参照してください。 

データベースミラーリング 

CachéベースのアプリケーションをAzureにデプロイする場合、Cachéデータベースサーバーに高可用性を提供するには、同期データベースミラーリングを使用して、特定のプライマリAzureリージョンで高可用性を提供し、アップタイムサービスレベル契約の要件によっては、潜在的に非同期データベースミラーリングを使用して、災害復旧用としてセカンダリAzureリージョンのホットスタンバイにデータを複製する必要があります。 

データベースミラーは、フェイルオーバーメンバーと呼ばれる2つのデータベースシステムの論理グループです。これらのメンバーはネットワークでのみ接続された物理的に独立したシステムです。 ミラーは、2つのシステムを解決した後、自動的に片方をプライマリシステムとするため、もう片方は自動的にバックアップシステムになります。 外部クライアントワークステーションまたはほかのコンピュータは、ミラーリング構成中に指定されたミラーの仮想IP(VIP)を介してミラーに接続します。 ミラーVIPは、ミラーのプライマリシステムのインターフェイスに自動的にバインドされます。 

注意: Azureでは、ミラーVIPを構成することはできないため、代替ソリューションが考案されています。 

Azureにデータベースミラーをデプロイするために現在推奨されているのは、同じAzure可用性セットに3つのVM(プライマリ、バックアップ、アービター)を構成することです。 こうすることで、Azureは常に、99.95%のSLAでこれらのVMのうち少なくとも2つと外部接続し、それぞれが別々の更新ドメインと障害ドメインに割り当てられるように保証しており、 その結果、データベースのデータ自体の適切な分離と冗長性を提供しています。 

これに関するその他の詳細は、以下を参照してください。 

Azureを含むあらゆるIaaSクラウドプロバイダーには、クライアント接続を仮想IP機能がないアプリケーションに自動的にフェイルオーバーする処理に関する課題が伴います。 そこで、クライアント接続の自動フェイルオーバーには、それを維持するための指示がいくつかあります。   

まず、InterSystemsは、CSPゲートウェイをミラー対応に拡張し、CSP Gatewayを備えたWebサーバーからデータベースサーバーへの接続にVIPを使用する必要をなくしました。 CSPゲートウェイは、両方のミラーメンバーと自動ネゴシエーションし、プライマリメンバーとなった適切なメンバーにリダイレクトします。 ECPクライアントを使用している場合は、すでにミラー対応である機能に対応します。 

次に、CSP GatewayとECPクライアントの外部の接続には、依然としてVIPのような機能が必要です。 InterSystemsは、mirror_status.cxw ヘルスチェックステータスページを使ったポーリング方法を使用することをお勧めします。これは、コミュニティ記事「Database Mirroring without a Virtual IP address(仮想IPアドレスを使用しないデータベースミラーリング)」に説明されています。  

Azure内部ロードバランサー(ILB)は、すべてのネットワークトラフィックをプライマリミラーメンバーに転送するために、VIPのような機能として単一のIPアドレスを提供します。 ILBはプライマリミラーメンバーにのみトラフィックを分散します。 この方法はポーリングに依存していないため、ミラー構成内のミラーメンバーがプライマリメンバーになった時点で転送することができます。 Azure Traffic Managerを使用したDRシナリオでは、ポーリングをこの方法と組み合わせて使用することができます。 

バックアップと復元 

バックアップ操作には、いくつかのオプションがあります。 InterSystems製品を使用したAzureデプロイメントでは、次の3つのオプションを実行できます。 最初の2つのオプションは、スナップショットを作成する前にデータベースによるディスクへの書き込みを一時停止し、スナップショットに成功したら更新を再開するというスナップショットタイプの手順を使用しています。 いずれかのスナップショット方式を使用してクリーンなバックアップを作成するには、次のおおまかな手順を実行します。 

  • データベースのFreeze API呼び出しにより、データベースへの書き込みを一時停止する。 
  • OSとデータディスクのスナップショットを作成する。 
  • データベースのThaw API呼び出しにより、Cachéの書き込みを再開する。 
  • バックアップファシリティはバックアップ場所にアーカイブする。 

クリーンで一貫したバックアップを確保するために、整合性チェックなどの追加手順を定期的に追加することができます。 

どのオプションを使用するかという決定ポイントは、組織の運用要件とポリシーによって異なります。 さまざまなオプションをさらに詳しく検討するには、InterSystemsにご相談ください。 

Azure Backup 

Azure BackupとAzure Automation Runbooks、そしてInterSystemsのExternal Freeze and Thaw API機能を使って、Azure ARMプラットフォーム内でバックアップ操作を実施できるようになりました。実質的な24時間365日の運用リジリエンシーとクリーンな定期バックアップを実現できます。 Azure Backupの管理と自動化に関する詳細は、こちらを参照してください。 

論理ボリュームマネージャのスナップショット 

別の方法として、市場に出回っている多くのサードパーティ製バックアップツールを使用する場合は、VMそのものにバックアップエージェントを展開し、論理ボリュームマネージャ(LVM)のスナップショットと組み合わせてファイルレベルのバックアップを活用することができます。 

このモデルには、WindowsまたはLinuxベースのVMをファイルレベルで復元できるというメリットがあります。 このソリューションで注意すべき点は、AzureやほとんどのIaaSクラウドプロバイダはテープメディアを提供しないため、すべてのバックアップリポジトリは、短期アーカイブ用のディスクベースであり、長期保管(LTR)にはBLOBまたはバケットタイプの低コストストレージを活用できるということです。 このモデルを使用する場合は、ディスクベースのバックアップリポジトリを最も効率的に使用できるように、重複除去テクノロジーをサポートするバックアップ製品を使用することを強くお勧めします。 

こういったクラウド対応のバックアップ製品には、Commvault、EMC Networker、HPE Data Protector、Veritas Netbackupなどさまざまな製品があります。 InterSystemsでは、これらの製品の比較検証や推奨は行っておりません。 

Caché Online Backup 

小さなデプロイメントでは、組み込みのCaché Online Backupファシリティもオプションとして考えられます。 InterSystemsのデータベースオンラインバックアップユーティリティは、データベース内のすべてのブロックをキャプチャしてデータベースファイルにデータをバックアップし、出力をシーケンシャルファイルに書き込みます。 この、InterSystems独自のバックアップメカニズムは、本番システムのユーザーにダウンタイムを引き起こさないように設計されています。   

Azureでは、オンラインバックアップが完了した後、バックアップ出力ファイルとシステムが使用中のその他すべてのファイルをAzureファイル共有にコピーする必要があります。 このプロセスは、仮想マシン内でスクリプト化して実行しなければなりません。 

Azureファイル共有で最大限の可用性を得るには、Azure RA-GRSストレージアカウントを使用する必要があります。 Azureファイル共有の最大共有サイズは5 TB、最大ファイルサイズは1 TB、共有あたりの最大スループットは60 MB/秒(すべてのクライアントで共有)です。 

オンラインバックアップは、バックアップに低コストのソリューションを実装したい小規模サイト向けのエントリーレベルのアプローチですが、 データベースのサイズが大きくなるにつれ、スナップショットテクノロジーを使った外部バックアップがベストプラクティスとして推奨されます。外部ファイルのバックアップ、より高速な復元時間、エンタープライズ全体のデータビューと管理ツールなどのメリットがあります。 

災害復旧 

AzureにCachéベースのアプリケーションをデプロイする場合は、ネットワーク、サーバー、ストレージなどの災害復旧(DR)リソースを異なるAzureリージョンに配置することをお勧めします。 指定されたDR Azureリージョンに必要な容量は、組織のニーズによって異なります。 ほとんどの場合、DRモードでの運用時には本番容量の100%が必要となりますが、弾性モデルとして必要になるまでは、より少ない容量をプロビジョニングできます。 

DR Azureリージョンの仮想マシンに継続して複製するには、非同期データベースミラーリングが使用されます。 ミラーリングは、データベースのトランザクションジャーナルを使用して、プライマリシステムのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えながら、TCP/IPネットワーク経由で更新を複製します。 これらのDR非同期ミラーメンバーには、圧縮と暗号化を構成することを強くお勧めします。 

アプリケーションにアクセスする一般インターネット上のすべての外部クライアントは、DNSサービスとしてのAzure Traffic Manager経由でルーティングされます。 Microsoft Azure Traffic Manager(ATM)は、トラフィックを現在アクティブなデータセンターに転送するスイッチとして使用されます。 Azure Traffic Managerは、エンドユーザーがさまざまなサービスエンドポイントにルーティングされる方法を決定する、多数のアルゴリズムをサポートしています。 各種アルゴリズムの詳細は、こちらを参照してください。 

このドキュメントでは、Traffic Managerのエンドポイント監視とフェイルオーバーと組み合わせて「優先度」付きのトラフィックルーティング方法を使用します。 エンドポイント監視とフェイルオーバーの詳細は、こちらを参照してください。 

Traffic Managerは、各エンドポイントに通常のリクエストを送信してそのレスポンスを検証することで機能します。 エンドポイントが有効なレスポンスを提供できない場合、Traffic Managerはそのステータスを「デグレード」として表示します。 DNSレスポンスには含まれなくなり、代わりに利用可能な代替エンドポイントを返します。 このようにして、ユーザートラフィックは障害のあるエンドポイントから離れ、利用可能なエンドポイントに向けられます。 

上記の方法を使用すると、特定のリージョンと特定のミラーメンバーのみがトラフィックを許可することになります。 これは、InterSystems CSP Gatewayから提示されるmirror-statusページの「エンドポイント定義」によって制御されており、 プライマリミラーメンバーのみが、モニタープローブからのHTTP 200として「成功」を返すことになっています。 

マイクロソフトが提供する次の図は、優先度付きトラフィックルーチンアルゴリズムの概要を示しています。 

Azure Traffic Managerは、すべてのクライアントが接続できる「https://my-app.trafficmanager.net」といった単一のエンドポイントを生成します。 さらに、「https://www.my-app-domain.com」のようなバニティURLを提供するようにAレコードを構成することができます。Azure Traffic Managerは、両リージョンのエンドポイントのアドレスを含む1つのプロファイルで構成されます。   

常に、エンドポイント監視に基づいて、1つのリージョンのみがオンライン状態を報告します。 これにより、トラフィックは常に1つのリージョンにのみ流れるようになります。 エンドポイント監視は、プライマリAzureリージョンのアプリケーションがダウン状態であり、セカンダリAzureリージョンのアプリケーションがライブになっていることを検出するため、リージョン間のフェイルオーバーにさらに手順を追加する必要はありません。 これは、DR非同期ミラーメンバーがプライマリに昇格されると、CSP GatewayがTraffic Managerのエンドポイント監視にHTTP 200を送信するようになっているためです。 

上記のソリューションの代替案は多くあり、組織の運用要件やサービスレベル契約に基づいてカスタマイズすることができます。 

ネットワーク接続 

アプリケーションの接続要件に応じて、インターネット、IPSEC VPN、またはAzure Express Routeを使った専用リンクのいずれかを使った複数の接続モデルがあります。 選択方法は、アプリケーションとユーザーのニーズによって異なります。 これら3つのモデルの帯域幅使用率はそれぞれ異なるため、Azure担当者に相談するかAzure Portalで特定のリージョンで使用可能な接続オプションを確認することをお勧めします。 

Express Routeを使用している場合、災害復旧シナリオで有効にできる複数の回線やリージョンアクセスなどのオプションがあります。 Express Routeプロバイダーに相談し、プロバイダーがサポートする高可用性と災害復旧シナリオを理解することが重要です。 

セキュリティ 

パブリッククラウドプロバイダーにアプリケーションをデプロイするかどうかを決定するには注意が必要です。 組織のセキュリティコンプライアンスを維持するには、組織の標準セキュリティポリシーまたはクラウド専用に作成された新しいポリシーに従う必要があります。 クラウドデプロイメントには、クライアントデータセンターと物理的なセキュリティ管理の外にデータが置かれるため、付加リスクが伴います。 使用中でないデータ(データベースとジャーナル)と使用中のデータ(ネットワーク通信)には、InterSystemsのデータベースとジャーナル暗号化と合わせて、前者にはAESを、後者にはSSL/TLS暗号化を使用することを強くお勧めします。 

すべての暗号化キー管理と同様に、データの安全を確保し、不要なデータアクセスやセキュリティ違反を防止するには、組織のポリシーに基づいて、適切な手順を文書化し、それに従う必要があります。 

インターネット経由でのアクセスが許可されている場合、侵入検知、サービス拒否保護などの追加機能を導入するために、サードパーティのファイアウォール装置が必要となる場合があります。 

アーキテクチャ図の例 

下の図は、データベースミラーリング(同期フェイルオーバーとDR非同期)、ECPを使用したアプリケーションサーバー、負荷分散された複数のWebサーバーの構成で高可用性を提供する典型的なCachéインストールを示しています。 

TrakCareの例 

次の図は、負荷分散される複数のWebサーバー、ECPクライアントとしての2台のEPSプリントサーバー、データベースミラーで構成される典型的なTrakCareデプロイメントを示しています。 仮想IPアドレスは、ECPまたはCSP Gatewayに関連付けられていない接続のみ使用されます。 ECPクライアントとCSP Gatewayはミラー対応であり、VIPを必要としません。

下のサンプルリファレンスアーキテクチャ図には、アクティブまたはプライマリリージョンにおける高可用性と、プライマリAzureリージョンが利用不可である場合の別のAzureリージョンへの災害復旧が含まれます。 また、この例では、データベースミラーには、1つのミラーセット内にTrakCare DB、TrakCare Analytics、およびIntegrationネームスペースが含まれています。

TrakCare Azureリファレンスアーキテクチャ図 - 物理アーキテクチャ

さらに、次の図は、インストール済みの関連する高度なソフトウェア製品を含めたより論理的なアーキテクチャ全容と機能目的を示しています。 

TrakCare Azureリファレンスアーキテクチャ図 - 論理アーキテクチャ
 

HealthShareの例 

次の図は、負荷分散される複数のWebサーバーと、Information Exchange、Patient Index、Personal Community、Health Insight、Health Connectといった複数のHealthShare製品による典型的なHealthSharaeデプロイメントを示しています。 それぞれの製品は、Azure可用性セット内に1組のデータベースミラーを含めて高可用性を実現しています。 仮想IPアドレスは、ECPまたはCSP Gatewayに関連付けられていない接続にのみ使用されます。 HealthShare製品間のWebサービス通信に使用されるCSP Gatewayはミラー対応であり、VIPを必要としません。 

下のサンプルリファレンスアーキテクチャ図には、アクティブまたはプライマリリージョンにおける高可用性と、プライマリAzureリージョンが利用不可である場合の別のAzureリージョンへの災害復旧が含まれます。 

HealthShare Azureリファレンスアーキテクチャ図 - 物理アーキテクチャ

さらに、次の図は、インストール済みの関連する高度なソフトウェア製品を含めたより論理的なアーキテクチャ全容、接続要件と方法、およびそれぞれの機能目的を示しています。 

HealthShare Azureリファレンスアーキテクチャ図 - 論理アーキテクチャ
 

00
1 0 0 151
Log in or sign up to continue