記事
Megumi Kakechi · 2021年2月18日 2m read

jQueryを使用してIRISからJSONデータを取得する方法

jQuery($.getJSON と $.ajax)を使用した InterSystems IRIS データのJSON形式での取得方法をご紹介します。

以下にサンプルをご用意しました。

https://github.com/Intersystems-jp/REST_JSON_sample


サンプルには、次の内容が含まれます。

・REST + JSON
・REST + CORS

※それぞれ、$.getJSON と $.ajax で取得する方法を記載しています。

※サーバ側ではSelect文の実行結果をJSON_OBJECT関数を使用しJSON文字列で出力しています。
 関数については以下のドキュメントをご覧ください。
 JSON_OBJECT関数


使用手順は以下になります。

1. USERネームスペースに json.xml をインポート・コンパイル
 

2. テスト用データの作成(ターミナルで以下のコマンドを実行する)

    USER>do ##class(Sample.Person).Populate(200)


3. 初期設定(REST用)

   管理ポータル > セキュリティ管理 > ウェブ・アプリケーション

   新しいウェブ・アプリケーションを作成ボタンを押す

   名前 /csp/user/rest
   ネームスペース    USER
   ディスパッチ・クラス REST.Person

   保存ボタンを押す

4. test_json.html をWEBサーバに配置する

   例:
   C:\Inetpub\wwwroot                          <-- IIS ルート
   C:\InterSystems\IRIS\CSP\user       <-- cspフォルダ

5. test_json.htmlをブラウザで開く

   例:
   http://localhost/test_json.html
   http://localhost:52773/csp/user/test_json.html
    
    ※サンプル内のクロスドメイン対応URLは、http://127.0.0.1:52773/ を使用(PWS用サンプル)
 

6. テキストボックスに適当なID(1,2,100 など)を入力し、検索ボタンを押して出力結果を確認する。

 

★IRISでJSONを操作する基本情報については、こちらの記事をご覧ください(ビデオもご紹介しています)。

【はじめてのInterSystems IRIS】セルフラーニングビデオ:アクセス編:IRIS での JSON の操作

00
0 0 0 15