InterSystems公式
Toshihiko Minamoto · 2022年12月20日 4m read

Apache Webサーバ(プライベートWebサーバ: PWS)インストレーションの廃止

Global Summit 2022 で発表しました通り、Apache ベースの Web サーバ (プライベート Web サーバまたは PWS と呼ばれることが多い) の出荷、インストールを中止します。現在のところ、InterSystems IRIS 2023.1 から中止する予定です。 

この新しいアプローチにより、目的に最も適した Web サーバを選択し、その設定や保守、更新を自由に実施することが可能となります。この変更による主な利点は、特にセキュリティ脆弱性において重要な修正について、インターシステムズ からのキットのアップデートを待つことなく、最新バージョンを入手できるようになることです。インターシステムズは、Apache または IIS の構成に役立つツールを提供します。(InterSystems IRIS Community Edition では、PWS を引き続きインストールすることに注意してください)。

Web サーバのインストールは一般的なプロセスであり、通常は簡単です。また、さまざまな Web サーバ・ベンダによって文書化されています。

以下は、Ubuntu、Windows、および macOS の例です。これらの例は、インターシステムズ社製品に Web サーバが含まれていない場合やインストールされていない場合に、新しい動作を確認できるよう、簡単なインストール手順を示すものです。(このコードは既存のまま提供されており、サポートされていません。また、ミッションクリティカルなアプリケーションやデータ機密性の高いアプリケーションをホストするには不十分であることに注意してください)。

また、この新しいプロセスを試すためのキットへのアクセスも可能です。FAQについては、この記事の最後にあるPDFをご覧ください。また、議論したい方は、https://jp.community.intersystems.com/node/532491 をご覧ください。

ウェブサーバーをインストールする方法には複数あることが多いため、慣れており一番うまくいく方法を選択ください。

PWSを含まない新しいインストーラを試したい方のために、新しい早期アクセスプログラム(EAP)を作りました。  このEAPに参加いただき、キットにアクセスしたい方は、nopws@InterSystems.com までメールにてご連絡ください。

ご意見、ご感想は、nopws@InterSystems.com までお願いします。

 

マイクロソフトWindowsの例

マイクロソフトWindowsを使用してIISをインストールします。

一度IISをインストールしますと、IRISをインストールするときにIISを設定するかどうかを聞いてきます。

Ubuntuの例

前提条件として、インストールするユーザはsudoが使え、PWSがインストールされていないこと。

apt-get コマンドを使用してUbuntuのApache公式リポジトリを利用できます。

リポジトリの更新

            $ sudo apt-get update

Apacheのインストール

            $ sudo apt-get install apache2

インストールの検証

            $ apache2 -v

インストール後に以下の調整を行います。

sudo nano /etc/apache2/apache2.conf

from:

User ${APACHE_RUN_USER}

Group ${APACHE_RUN_GROUP}

To:

User <マシンのユーザのユーザ名>

Group <マシンのユーザのグループ名>

Webサーバのリスタート

            $ sudo apachectl -k restart

InterSystems IRISのインストール

SMPのテスト (http://localhost/iris/csp/sys/UtilHome.csp)

インストールが単にテスト目的の場合、以下のコマンドで apache2 を削除できます。

            $ sudo apt-get remove apache2

macOSの例

以下のコマンドでインストールします

            $ brew install apache-httpd

インストールや更新後にhttpdをリスタートします

            $ brew services restart httpd

以下のコマンドで起動します

            $ sudo apachectl -k start

または以下のコマンドで再起動します

            $ sudo apachectl -k restart

ブラウザより以下のコマンドでテストします

http://localhost

成功すると It works と表示されます。

 

IRISのインストール  (please observe the new installation dialog as it is new)

Web サーバのリスタート

            $ sudo apachectl -k restart

SMPのテスト (http://localhost/iris/csp/sys/UtilHome.csp)

インストールが単にテスト目的の場合、以下のコマンドで apache-httpd を削除できます。

            $ brew remove apache-httpd

0
0 19
ディスカッション (0)1
続けるにはログインするか新規登録を行ってください