記事
Henrique Dias · 2020年12月25日 2m read

実行中のiris-analytics-package

皆さん、こんにちは。

iris-analytics-パッケージには、「企業が自社のソフトウェアで InterSystems Analytics の サポートをいかに簡単、そしてシンプルに利用できるかを示す」意図があります。

新しいシンプルなソリューションを作成したり、OpenExchange を使用して既存のソリューションを改善したりすることもできます。

InterSystems IRISにアップグレードしている企業のほとんどは、ツールが提供するすべての機能を活用しています。

このコンテストでの私のもう一つのターゲットは、インターシステムズを長く利用していても、自分たちがアクセスしている可能性をフルに活用していない企業です。

このプロジェクトは、他のプロジェクトをベースにしてインスピレーションを得て作成しました。ありがとう  @Evgeny Shvarov @Guillaume Rongier @Peter Steiwer 

それらのプロジェクトが一緒になって、このウィザードになった。
 

インポートウィザード

メインページはシンプルで、そこに至るまでのプロセスがわかりやすい。

ウィザードを適切に使用するためのフィールドがいくつかあります。

  1. CSV ファイルを選択します。
  2. セパレータ
  3. クラス名
  4. キューブを作成するかどうかを選択します。
  5. キューブ名
  6. ウィザードでダッシュボードのサンプルを作成するかどうかを選択します。

作成したものを可視化するには、DeepSeeWeb を使用します。

デモ

下のGIFは全体の処理を示しています。アップロードボタンをクリックした後、フリーズしているように見えるかもしれませんが、これはレコードがたくさんあるからです。

選択したCSVファイルは15Mb以上あり、134.100件のレジスタをインポートしています。

ちなみに、このデモのデータセットは以下のサイトから入手しました。
 The Humanitarian Data Exchange - Find, share and use humanitarian data all in one place

CSVファイルは iris-analytics-package/dataフォルダ内にあります。

あなたがソフトウェアを気に入って、私があなたの投票に値すると思うなら、iris-analytics-packageに投票してください!  

https://openexchange.intersystems.com/contest/current

10
1 0 0 50
Log in or sign up to continue