記事
Hiroshi Sato · 2022年7月11日 2m read

ルーチンやクラスメソッドをWindowsのコマンドプロンプトから呼び出す方法

iris コマンドを使用することで実行できます。
iris コマンド(iris.exe)は、<インストールディレクトリ>\bin にインストールされています。 書式:

iris run インスタンス名 tag^routine([parameter-list]) ネームスペース名
iris run インスタンス名 ##CLASS(package.class).method([parameter-list]) ネームスペース名

インスタンス名は、管理ポータル(システム管理ポータル)の右上にある [インスタンス:] に表示されている文字列です。


実行する環境に応じて一部の文字 ^ や " をエスケープする必要があります。

Windowsの場合は、以下のようなエスケープが必要となります。

例: USERネームスペースで do info^test(123,"abc") を実行します。

 

c:\InterSystems\IRIS\bin>iris terminal IRIS info^^test(123,\"abc\") USER

 

例: USERネームスペースで do ##class(Test.Class1).test(123,"abc") を実行します。

 

c:\InterSystems\IRIS\bin>iris run IRIS ##class(Test.Class1).test(123,\"abc\") USER

 

【注意】


iris run 等でルーチンやクラスメソッドが呼び出せないときは、%Service_Consoleサービスの認証設定をご確認ください。

iris コマンドを使用する場合、認証方法を指定することができないため、ログインユーザをあらかじめ必ず指定しておく必要があります。
※管理ポータル:[システム管理] > [セキュリティ] > [サービス] より、%Service_Console サービス の認証方法で指定 例えば、

 「認証なし」:UnknownUserでログイン

 または

 「オペレーティングシステム認証」:OSログインユーザでログイン

のどちらかにチェックを入れる必要があります。

 

コンソールの認証:OS認証許可

※オペレーティングシステム認証(OS認証)について


オペレーティングシステム(OS)のログインユーザで InterSystems IRIS にログインします。 こちらの認証を使用する場合、OSログインユーザと同一ユーザをInterSystems IRIS に作成する必要があります。

ユーザ名のみ同一のユーザを作成してください。パスワードは異なっても構いません。詳細は以下ドキュメントをご参照ください。
 

オペレーティング・システム・ベースの認証構成について

0
0 19
ディスカッション (0)1
続けるにはログインするか新規登録を行ってください