記事
Mihoko Iijima · 2021年5月12日 2m read

サンプル(Sample.Person)のクラス定義ダウンロードとサンプルデータの作成について

これは InterSystems FAQ サイトの記事です。

InterSystems IRISでは、サンプル定義の一部は、GitHub上に公開しています。

本FAQ内で登場する Sample.Person のクラス定義とサンプルデータについては、こちら からダウンロードいただけます。
手順は以下の通りです。

  1. Zipとしてダウンロード
  2. 1を展開
  3. 展開フォルダ内 以下階層のクラス定義をターミナルを利用してIRISへインポートし、インポート後 Build()メソッドを実行します。

Samples-Data-master\buildsample\Build.DataSample.cls をフルパスで指定してインポートします(Sample-Data-masterフォルダを c:\kit へコピーした状態での例です)。

do $system.OBJ.Load("C:\kit\Samples-Data-master\buildsample\Build.DataSample.cls","ck")  

データ生成のBuild() メソッド実行例は以下の通りです。

do ##class(Build.DataSample).Build() 

 

実行例(全体):

USER>do $system.OBJ.Load("C:\kit\Samples-Data-master\buildsample\Build.DataSample.cls","ck")

USER>do ##class(Build.DataSample).Build()                                        
This is the setup method for the Samples-Data sample, which provides several
persistent classes with data, for use with InterSystems IRIS Data Platform. 

To continue, please specify the full path of the directory that contains this
sample. (This is the directory that contains the README.md and LICENSE files.)
Your input: C:\kit\Samples-Data-master

Your input: の右側には、Zip展開後 cls や buildsample フォルダが含まれる上位フォルダ=Sample-Data-masterのフルパスを指定してください。

詳細については、以下のドキュメントをご覧ください。
InterSystems IRIS で使用するサンプルのダウンロード

 

関連記事(Sample.Personを利用して解説している記事/FAQトピック)

FAQ:

インデックスを登録内容通り大文字/小文字を区別して作成したい。
オブジェクトのプロパティやメソッドに動的にアクセスする方法はありますか?

コミュニティ:
サーバ側ロジック(ObjectScript)で SQL を実行するときの DATE 型や TIME 型カラムの操作方法(コミュニティの記事)
外れ値について(コミュニティの記事)

00
1 0 0 25
Log in or sign up to continue