記事
Toshihiko Minamoto · 2021年10月13日 4m read

インターシステムズ開発者コミュニティで学習する方法 パート2: タグ

開発者の皆さん、こんにちは。

ここでは開発者コミュニティでのタグの使用方法ついて説明します。
この機能を最大限に活用しましょう!

タグは投稿のトピックを表現する単語やフレーズです。これは、きちんと定められたカテゴリで投稿をソートすることで、投稿とメンバーや専門家を結びつける手段です。
また、興味のある投稿や関連する投稿を見つけるのに役立ちます。

開発者コミュニティの「タグ」セクションにてタグの全リストを見ることができます。

タグのタイプとタグツリー

タグには2つのタイプがあります。

  1. グループ – インターシステムズの全テクノロジを含む大まかなトピックのためのタグ。いわゆるメインタグ。
  2. タグ – より特別なトピックのための一般タグ

各投稿は必ず1つ以上のグループに属す必要があります。すべてのグループをご存じでしょうか?

  • インターシステムズ技術 の各タグ: 

 

  •  マイクロソフトの有名なクロスプラットフォームのVisual Studio Codeタググループ

  • A 開発者コミュニティやインターシステムズに関する公式アナウンス タググループ


  • Worldwide Response Center (WRC)のアドバイスやアラートのタググループ

  • Open Exchange (インターシステムズのソフトウェアやフレームワークのギャラリー),  Global Masters (インターシステムズのゲーミフィケーションプラットフォーム), Partner Directory (インターシステムズの顧客やパートナー向けプラットホーム)のタググループ


  • インターシステムズの年次イベント グローバルサミット のタググループ

  • オンラインラーニング や ドキュメント のタググループ


  • 開発者コミュニティに関する コメント、意見、提案などのタググループ

  • インターシステムズの技術に関する 求人情報 のタググループ

  • And今までのどのタグにも属することができない投稿のためのタググループ

グループに加えてタグを使うことでより一層投稿内容を特定できます。

タグツリーにはタグの内容を分類するサブタグがあります。

例えば「言語」タグには「C++」「Python」「JavaScript」「MultiValue Basic」「ObjectScript」「Java」「.NET」といったサブタグがあります。

 

投稿にタグを加えることはI強制ではありませんが、少なくと1つのグループを選択する必要があります。

タグのソート

タグツリーを使用して3つの異なる方法でタグをソートすることができます。

1. 人気順

タグやグループを投稿で使われた件数順にソートします。各タグの右にある()カッコ内がその回数です。

例えば、「Open Exchange」タグが368の投稿で使用されている場合、以下のようになります。

2. 名前順

アルファベット順にグループやタグをソートします。

3. 新着順

このソートを選択すると最も最近に作成されたタグやグループを一番最初に表示します。

タグページ: タグのフォローやソート、投稿のフィルタ

タグはそれぞれウェブページ(URL)を持っており、そのページではそのタグの投稿が表示されます。

例えば「XML」タグはウェブページ https://jp.community.intersystems.com/tags/xml  にこのタグを使用しているすべての投稿が表示されます。

すべての投稿は更新日付、作成日付、評価、閲覧回数、返信数等、異なる基準でフィルタをかけることができます。
また、アナウンス、記事、質問、ディスカッション、ビデオ、求人情報などの投稿タイプで分類することも可能です。左上のメニューで探したい投稿タイプを選択ください。

興味のあるタグをフォローする

興味の対象がありましたら、タグツリーからそのタグを選択し、「フォロー」ボタンをクリックします。それぞれのタグをフォローしますと、そのタグを使用したコンテンツが投稿された際にメールが届きます。

ベストプラクティスヒントとコツ初心者チュートリアルから始めることをお勧めします。


今一度タグツリーをご覧ください。興味のあるトピック(タグ)や多くの有用なコンテンツがあなたをお待ちしています。

  • 興味のあるトピックの投稿をすべて読むことができます。
  • タグをフォローすることで今後の投稿を見逃さなくなります。

タグに関する質問等ございましたら、以下にコメントや提案をお願いします。

00
1 0 0 6
Log in or sign up to continue